オメガのコーアクシャルの時代へ

 オメガ機械式時計はこれから全機種コーアクシャルになっていくそうです。コーアクシャルムーブメントは通常の機械式時計に比べ、摩耗が少なく壊れにくいという画期的なムーブメントです。どうしてなんだろう・・・って。

コーアクシャルのテンプヒゲゼンマイSi-14というのはシリコン(珪素=ケイ素  元素記号Si  原子番号14)でできているのですが、と言っても普通シリコンと言うと白いビニールみたいな材質なのかと思ってしまいます。しかしコーアクシャルのテンプヒゲは黒色です。

*矢印先の黒い輪がテンプヒゲゼンマイです。

どうも普通にシリコンといっているものは本当はシリコーンというらしいです。豊胸手術に使うシリコンも、本当はシリコーンなんでしょう、きっと。新タイプのロレックスリューズの内側についたリューズパッキンも白いシリコーンということになりそうです。ちょっと紛らわしいですね。

 

また、クォーツ時計のクォーツというのは水晶のことですが、水晶も分子式はSiO2ということなのでケイ素が含まれています。新宿(紀伊国屋の1Fの化石ショップで水晶をウィンドに飾ってあるのですがそこに成分も書いてあり、成分がSiO2と書いてあったので間違いないはずです)全く原理が違うはずのクォーツ時計とオメガコーアクシャルの不思議な縁を感じます。(?)時計業界を激変させる発明はケイ素が絡んでいるのかもしれませんブログ逆周りの時計 by Canal Club

 

 

 

 

同じカテゴリの記事

高級時計の寿命は? → 永久 ∞

寿命何年? 少し前までは、カナルクラブではオーナーが高級時計を所有する ...

カナルクラブから

READ

不思議な因縁 コーアクシャルとクォーツ時計の共通点

オメガのコーアクシャルの時代へ  オメガ機械式時計はこれから全機種コー ...

カナルクラブから

READ

ホイヤーの名作 モナコ

タグホイヤーは全然人気が無かった。自宅(東京)の近くの裏道の元時計店( ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ