タグホイヤーは全然人気が無かった。自宅(東京)の近くの裏道の元時計店(その当時はすでに空き家)の表に看板が張り付いているのを見たことがあります。

よく地方で、古い店舗に、コカ・コーラやボンカレーのホコリだらけの変色した看板が残っていますよね?あんな感じでした。

当時のホイヤーの代理店は確か赤坂にあったと思いますが、

仕事上もあまり取引の無い会社でした。しかし、いきなりブームが起こり、

社名もホイヤーからタグホイヤーに変更。

本当にもの凄い人気になっていきます。

作りも立派になりデザインもアイデンティティーを持ちながら現代的になっています。

広告の仕方も見事に変わりました。しかし、昔もこんな良い時計を作っていたんですね。

 

 

 

同じカテゴリの記事

切替車2 リューズでゼンマイを巻いないのに破損してることもある

前回のブログでは,リューズでゼンマイを巻くとき、急いで巻くと切替車に負 ...

カナルクラブから

READ

切替車を守る方法  1

リューズでゼンマイを巻くときに急がない 切替車はどちらかというと、破損 ...

カナルクラブから

READ

古いクォーツ時計は今のうちにメンテナンスしておいた方が良い

電子回路は修正できない 時計ブランドがフランスでも、イタリアでもスイス ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ