3年にいちどの  
  オーバーホール

HOME / オーバーホール料金表 / オメガ

オメガ

オメガ 基本オーバーホール料金表

タイプモデル価格(税別)

スピードマスター

オートマチッククロノグラフ
手巻きクロノグラフ
ブロードアロー
トリプルカレンダー
¥24,000-
¥24,000-
¥24,000-
¥26,000-

シーマスター

クォーツ
オートマチック
コーアクシャル
クロノグラフ
¥13,000-
¥16,000-
¥20,000-
¥24,000-

ダイナミック
デ・ビル
などその他のモデル

オートマチック
手巻き
クロノグラフ
¥16,000-
¥16,000-
¥24,000-

オールドオメガ

1960年代に製造されたものでも純正部品の供給が豊富なため、ほとんどの時計が修理可能です。¥30,000-

※裏ブタスケルトン・シェル文字盤は別途料金(¥2,000+税)がかかります。
※料金はすべて税別表示です。

オメガ コーアクシャルモデル 基本オーバーホール料金表

タイプモデル価格(税別)

コーアクシャルモデル

コーアクシャル
キャリパー85系
コーアクシャルクロノグラフ
¥20,000-
¥26,000-
¥27,000-

※料金はすべて税別表示です。

【オーバーホールに関する注意事項】

  • ・部品は純正部品を使用致します。
  • ・オーバーホール料金は、お断りなく変更になる場合がございます。
  • ・コピー商品・改造品・ダイヤを後付けしたもの等の修理はお受けしておりません。
ケース・ブレスレットのポリッシュ、革ベルトの交換について

オメガ オーバーホールについて

部品交換についてのお約束

部品交換の際には純正部品を使用いたします。

料金を左右する、オメガのコーアクシャル

従来のガンギ車

従来のガンギ車

コーアクシャルガンギ車

コーアクシャルガンギ車

コーアクシャルとは、オメガが独自採用している革新的なムーブメント。基本設計は一般のオートマチック時計とほぼ同じですが、その中のコーアクシャルガンギ車とアンクルという部品が、従来とはまったく異なる発想でデザインされています。

コーアクシャルアンクル

コーアクシャルアンクル

従来のアンクル

従来のアンクル

コーアクシャルのオーバーホールでは、まさにこの2つの部品(コーアクシャルガンギ車、アンクル)の扱い方が重要になってきます。いずれも非常に高額な部品ですが、一般的なコーアクシャルのオーバーホールでは2つの部品を新品に交換するケースが多くなっています。

カナルクラブのコーアクシャルオーバーホール

コーアクシャルガンギ車とアンクルは、形状的にも頑丈で、部品自体が壊れてしまうことはまずありません。つまり扱い方と、調整方法が正しければ部品を交換する必要がほとんどないのです。ただしこの特殊な2部品は調整が難しく、対応できない修理店も少なくありません。交換によりオーバーホール代が高額になるということが起こっています。

カナルクラブでは長年コーアクシャルについての研究を重ね、調整方法をマスターしています。コーアクシャルガンギ車とアンクルの交換がなければ、リーズナブルなオーバーホールが可能です。逆にこの2つの部品を交換すると、オーバーホールの最終価格はかなり高額になってしまいます。(2つの部品価格はそれぞれ¥30,000〜¥70,000程度)
※コーアクシャルの新しい機種、85系については従来型の25系より複雑なため、基本オーバーホール料金はやや高めになります。

オーバーホール・修理事例

OMEGA コンステレーション 

今回は内部部品の交換が多かったようですが、今回しっかりと修理し今後長くご愛用いただけたら嬉しいですね。革ベルトをご使用されている方は長くご愛用している間に革ベルトのカラーや材質を変えていただくとまた気分も一層して楽しいかもしれませんね。
メンテナンス内容

計 ¥58,000-

-オーバーホール ¥18,000-
-内部パーツ(11点) ¥25,000-
-リューズ/巻き芯 ¥10,000-
-パッキン ¥2,000-
-日板 ¥3,000-

OMEGA シーマスター

オメガはこれからコーアクシャルモデルが主流になってくるのでしょうが、定期メンテナンスをしていただけれると長くご愛用頂けるでしょう。
メンテナンス内容

計 ¥39,000-

-オーバーホール代 ¥20,000-
-ゼンマイ ¥5,000-
-パッキン × 2 ¥4,000-
-バネ棒  × 2 ¥4,000-
-機止め板 × 3 ¥6,000-
-

OMEGA スピードマスター 145.0811

リピーター様の定期メンテンナンスとしてお預かりいたしました。プロフェッショナルのスピードマスターはここ数年市場価格がどんどん上昇しているモデルです。
メンテナンス内容

計 ¥36,000-

-オーバーホール代(裏蓋スケルトンタイプ) ¥26,000-
-部品交換(パッキン/コハゼ) ¥10,000-

OMEGA シーマスター OLD

譲り受けた時計だそうです。年代物ですから、それなりのアジがでています。  
メンテナンス内容

計 ¥53,000-

-基本オーバーホール ¥30,000-
-裏パッキン ¥4,000-
-リューズ ¥15,000-
-他調整 ¥3,000-

OMEGA ダイナミック OLD

年数が経過した時計もきちんと定期メンテナンスをして頂くことで長くご愛用いただけます。
メンテナンス内容

計 ¥63,000-

-基本オーバーホール
-部品交換(リューズ/ローター芯/巻上車下座/巻上車)

OMEGA SEAMASTER

オメガ プラネットオーシャン600M リピーター様のご依頼で、定期メンテナンスとしてお持ちいただきました。ひと際目を引くプラネットオーシャンのオレンジベゼルです。とてもスポーティーなモデルで人気がありますね。
メンテナンス内容

計 ¥45,000-

-基本オーバーホール ¥20,000-
-部品交換(パッキン/リューズパッキン/2番車/クラッチ/4番車) ¥25,000-

オメガ シーマスター OLD(CAL:562)

今回はパッキンをはずしたところで割れてしまう程、パッキンが劣化していました。これでは、防水に対して非常にあまくなり、危険な状態です。OLD時計になると、部品の在庫も難しいものもでてきますが、可能な限り部品入荷を調べさせていただき修理実施のお手伝いをさせていただきます。
メンテナンス内容

計 ¥77,000-

-基本オーバーホール ¥30,000-
-部品交換(風防/パッキン/リューズ/巻き芯/クラッチ車/巻上車下ホゾ板) ¥44,000-

オメガ シーマスター プラネットオーシャン

オメガ シーマスタープラネットオーシャン コーアクシャル 購入7年より初めてのメンテナンスです。
メンテナンス内容

計 ¥33,000-

-オーバーホール ¥20,000-
-部品交換(パッキン/リューズパッキン/ブレスピン/パイプ) ¥13,000-

オメガ スピードマスター・プロフェッショナル ミッションズ スカイラブ4号

リピーター様のご依頼です。ゼンマイ切れにより止まってしまっていました。こちらの限定モデルは、1998年にNASAの有人宇宙飛行各ミッションモデルが各150本ずつバラで限定販売された貴重な1本です。スカイラブ4号は、9時にあるスモールセコンドに、自然環境を表す木、人間の技術の発展を表している水素原子、人間に提供される恩恵を象徴している虹が描かれた徽章がペイントされています。
メンテナンス内容

計 ¥41,000-

-基本オーバーホール
-部品交換(ゼンマイ/パッキン/中枠留ネジ/リューズ修正)

OMEGA スピードマスター 175.0032.1

預かり時はセンタークロノ針のリセットがずれていました。
メンテナンス内容

計 ¥49,000-

-基本オーバーホール
-部品交換(クラスプバネ棒/切替車/巻き芯/3番車/パッキン)
-センター針修正

オメガ スピードマスター プロフェッショナル 145.0022(手巻き)

前回のオーバーホール5年前に弊社にて実施しました。 今回は定期メンテナンス。 こちらのスピードマスタープロフェッショナルは5年前に弊社にてオーバーホールをさせて頂き、今回は定期的なメンテナンスとしてご依頼いただきました。油の劣化、乾きはあったものの、内部の歯車等の状態は特に問題なしということで、消耗品のパッキンのみの交換でした。外装的な部分も5年前と差ほど変わらず、ユーザー様が大切にご使用いただいている様子が目に浮かびます。
メンテナンス内容

計 ¥26,000-

-基本オーバーホール ¥24,000-
-部品交換(パッキン) ¥2,000-

オメガ ダイナミック オールド

オメガ ダイナミック オールド品

年数が経過した時計もきちんと定期メンテナンスをして頂くことで長くご愛用いただけます。

メンテナンス内容

計 ¥63,000-

-基本オーバーホール ¥30,000-
-部品交換(リューズ/ローター芯/巻上車下座/巻上車) ¥33,000-

オメガ シーマスター

ねじ込み式のリューズを使用しているシーマスターですが、リューズが入らなくなってしまったという故障例は意外にも多いものです。リューズとチューブの交換が必須となるものが殆どで、これにはロー付けにてチューブを取り付けするというひと手間が加わります。
メンテナンス内容

計 ¥60,000-

-基本オーバーホール
-部品交換(パッキン/2番車/4番車/リューズ/チューブ/ロー付け)

オメガ スピードマスター トリプルカレンダー

内部状態は油劣化ではありましたが、特に摩耗はしていませんでした。しかし、ブレスレットの駒間のピン/パイプはどうしても汗、汚れで腐食していたものに関しましては交換させていただきました。
メンテナンス内容

計 ¥34,000-

-基本オーバーホール ¥26,000-
-部品交換(パッキン/ブレスピン/パイプ) ¥8,000-

オメガ シーマスター コーアクシャル 300M

前回3年程前にオーバーホールをさせていただいたお時計です。
メンテナンス内容

計 ¥29,000-

-オーバーホール
-部品交換(パッキン/切替車)

OMEGA シーマスター150M コーアクシャル

ゼンマイを巻き上げた時に違和感を感じ、ご依頼いただきました。
メンテナンス内容

計 ¥54,000-

-基本オーバーホール
-ポリッシュ
-部品交換(切替車/パッキン類/ブレスピン①パイプ①)

オメガ スピードマスター 178.0055

しばらくメンテナンスをしていなかった時計で、止まりやすくなったことがきっかけで修理にお持ちになりました。 ユーザー様の多くは、時計を使用していて何等かの時計の不調や故障をきっかけにお持ちになります。もちろん、それはそれでいいのですが、定期メンテナンスというのは、特に自覚症状がなくてもある一定の周期(時計であれば、油が乾く3~4年目安)にだしていただくということなんです。思った以上に状態が悪かったりと早い対処で大きなダメージを防ぐことができますからね。
メンテナンス内容

計 ¥33,000-

-基本オーバーホール
-内部交換(切替車/パッキン/ピン/パイプ)

オメガ スピードマスター 175.0042

今回のお預かり時はすぐに止まるという症状が気になっていたユーザー様。 油切れによる部品の摩耗が原因で時計が止まりやすくなっていました。油切れによってでる症状の多くは「遅れ」「持続時間が短くなった」「すぐ止まる」といったことが一番多い症状です。
メンテナンス内容

計 ¥44,000-

-基本オーバーホール
-部品交換(パッキン/切替車)
-調整

オメガ シーマスター コーアクシャル

お預かり時にリューズのねじ込みが非常に浅く、リューズとチューブの摩耗が原因とわかりました。その為、リューズ、チューブの交換が必須となりました。外装部品の交換が入るとそれなりに金額が上がってしまうことはやむを得ません。 コーアクシャルモデルをお持ちのユーザー様でよく「オーバーホールは8年~10年でいいですよね」っておっしゃる方がいらっしゃいます。コーアクシャルの時計はメンテナンスの期間を延ばしても大丈夫と思われているようですが、実際は時計内部の油が乾く時間はどの時計でも変わらないので4年前後でメンテナンスをお受けすることをお勧めします。
メンテナンス内容

計 ¥44,000-

-オーバーホール(コーアクシャル)
-部品交換(パッキン/リューズ/チューブ)

オメガ シーマスターコーアクシャル

前回は2013年12月オーバーホール済です。 今回は4年半ぶりの再度ご依頼です(ありがとうございます!) 内部歯車等の交換がないととてもにリーズナブルなメンテナンスも夢ではありません。優秀なユーザー様に拍手!!!です。 特にコーアクシャルの部品には高価な部品がいくつかありますので交換はさけたいものです。時計の上手な使い方をぜひ覚えて頂きメンテナンスをもっと安価に行っていただけたらと思います。
メンテナンス内容

計 ¥24,000-

-オーバーホール(コーアクシャル/スケルトン) ¥22,000-
-パッキン ¥2,000-

オメガ シーマスター 自動巻

購入より20年 初オーバーホール 今回は時計が完全に止まってしまったことで、修理依頼をお受け致しました。ゼンマイが切れていたことはもちろんのこと、歯車はオイル切れによる摩滅の為、交換が必要です。
メンテナンス内容

計 ¥42,000-

-基本オーバーホール ¥16,000-
-2番車/3番車/4番車/パッキン/ゼンマイ
-調整

カスタマーレビュー

保証期間について

保証期間は、修理完了日より1年間となります。交換した部品以外が原因の不良の場合は部品料金が別途かかる場合がございます。

 

※オールドモデルの場合は半年間の保証となります

磁気抜きについて

当社でオーバーホールした時計は、永年無料で磁気抜きをさせていただきます。お気軽に店頭までお持ちください。

※店頭お持込のみ、日曜除く