某量販店で手巻きデイトナがたったの¥160万で売られていた

30年位前の話ですが・・・ロレックスデイトナの市場価値がどんどん上がり始めて品不足になり始めるころの話です。その当時某大型量販店で新品ロレックスデイトナ(手巻き式)が¥160万-で売られているという話があり、ビックリした記憶があります。当時は高くてびっくりしました。 ちょっと前まで人気の無かったデイトナがなぜ定価を大幅に超えた価格で売られるのか?そしてそのころ某百貨店で50万-で3本売りに出たという話もありました。その当時、デイトナは50万が定価です。 もちろんすぐに売れてしまったでしょう。

この2つの話の金額についても(高い方も、安い方も)驚くのですがおそらくこのような状況になるのに、あまり時間を要していないという点も驚きです。もちろん現在はもっと高額になっており、今のこの状況になるには数十年かかっているわけです。ただ、¥160万-になるのはあっという間だったように記憶しています。何がそうさせるのでしょう?  不思議です(-_-;)  不思議です(-_-;)

弊社は上野アメ横のすぐ近くにある為、同業者や時計販売店が軒を連ねています、その為、中古時計を扱う時計店の店先に並ぶ時計をたまに覗いて見ると、値段の上下に驚き、一体定価はいくらなのだろうと疑問になります。

そしてデイトナほどではないにしても、色々な時計でこのような現象は起こるでしょう。

 

同じカテゴリの記事

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

あまり使っていないからパーツは傷んでいないか?  パーツに厳しい環境とは?

使用頻度が低ければ、パーツのダメージは無い? 長期間オーバーホール無し ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ