クオーツ時計の黄金時代

 

おそらく1980年代、1990年代初頭のころはクォーツ時計全盛期だったと思います。依頼される修理もクォーツ時計の方が多かったという記憶があります。その当時は、カナルクラブも業者(時計店、中古時計販売店)との取引だけで、一般ユーザーの依頼はまだお受けしていませんでした。そして今人気の機種スピードマスターなどもまだ数が少なく、そのころは、エルメス ダンヒル  グッチ クリスチャン・ディオールそしてオメガでした。

現在はやはりクォーツはオメガが最も多く、次がタグホイヤー。後はカルティエ。その後はぐっと数は減りますが、エルメス  ダンヒル  グッチがほんの少しという状況です。何年か前にカルバンクラインが売れていると言う話を聞いた気がするのですが、時計のことだったか、下着(アンダーウェア)のことだったかもはっきりしません。懐かしい時計お預かりして、その当時のことを思い出しました。

 

同じカテゴリの記事

時計の大きなダメージは生活習慣病

長年時計修理業を営んでいると、凄いダメージの時計を見ることがあります。 ...

カナルクラブから

READ

オールドウォッチのメンテナンスは高額になるか?  

オールドウォッチの場合、かなり部品の破損が多いことがありますが、それは ...

カナルクラブから

READ

オイルが劣化しても時計は結構ちゃんと動き続けるが・・・

時計の部品に注してあるオイルは3年から4年で劣化します。5年もつことも ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ