old rolex のケースとバンドの間に秘密が?

そこにはいったい何が?

ロレックスのリファレンスナンバーやシリアルナンバーだけではすまされないものがあるのか。

けっしてまれなではない、特殊でもないものが。

よくあるものです。

大切に使われているオールドのロレックスです。

バンドの間も汚れも見当たりません。

いつも使った後にお手入れをされているのでしょう。

ケースとバンドを外してみるとそこには・・・

リューズの回りは非常に汚れ易く傷みやすいところです。

そこはキレイなんです。

なのに

これはなんなんだ

汗などの汚れです。たぶん

本来ケース側に刻印されているシリアル番号が汚れで見ることができません。

ケースとバンドの間は非常に汚れがたまり易い所です。

これは、まれなことではありません。

オールドに限らずよくあることです。

このままですとケースが腐食し、リファレンス・シリアル番号がみえなくなります。

なかなか気付かないところです。

やっぱり定期的なオーバーホールが必要ですね。

時計修理のカナルクラブ

同じカテゴリの記事

タグホイヤー Cal.1887 受付けを開始しました

タグホイヤー1887クロノグラフの受け付けを開始しました。セイコーキャ ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント⓶

前回に引き続き高額部品を守る3つのポイントのコンテンツをご紹介しますの ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント

今回紹介するのはカナルクラブが修理完了後オーナーの方にお送りしている動 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ