ROLEX COSMOGRAPH DAYTONA

このブログをご覧の方はもちろんこの時計の価値をご存じでしょう。最近メンテナンスを依頼されたロレックス コスモグラフ デイトナの“ポールニューマン文字盤”です。

カナルクラブの価格表にはオールドデイトナ=手巻きタイプは修理をお受けしておりません、と書いていますが、お客様が店頭にお持ちになったこの時計は外見的に問題がなさそうだったので、お預かりしてみました。あまりご使用になっていらっしゃらなかったという言葉通り、歯車やボタンなどの部品に問題が無く、定期メンテナンス的な処置で良いコンディションを取り戻しました。

なぜロレックスオールドデイトナを基本的にはお受けしていないかというと、やはり部品が入手できないからです。30年以上前に部品の製造は中止されているはずです。

しかし、このような時計は永遠に存在させたいですね?

そこで近々カナルクラブではこのような時計(オールドデイトナほど高価ではないオールドウォッチに関しても)その価値を失わないように適切なオーバーホールが行えるような企画が必要になると考えています。それはカナルクラブのブログ“未来から見た高級時計”に書いた、イギリスのヴィカレッジという会社が古いジャガーEタイプに対して何を行ったか?がヒントになるでしょう。

“たとえ動かない時計でも捨てない、売らない”
ご自分の時計の価値の変化に興味がある方は以下のカテゴリーをぜひお読みください。

<未来から見たあなたの時計>

同じカテゴリの記事

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

あまり使っていないからパーツは傷んでいないか?  パーツに厳しい環境とは?

使用頻度が低ければ、パーツのダメージは無い? 長期間オーバーホール無し ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ