オメガシーマスター インデックス外れ

修理を依頼される中で、文字盤のインデックスがはずれてしまったという方がいますが、この原因は一体なんでしょうか?

インデックスをつけている接着剤が劣化によって剥がれてしまったと言えるでしょうが、そもそも、古くなってきた時計の全部が全部剥がれてしまうわけではありません。

これは、時計内部に水分が入ってしまったり、水没してしまったりした時計に多くみられます。つまり、水分が入ったことで、インデックスの腐食や文字盤表面が浮いたりすることが原因の一つだと思います。

実際に今はずれているインデックスを再度接着したとしても、時間がたつと、また別のインデックスがはずれてしまうケースが非常に多いです。

文字盤を交換したらいいんでしょうが、文字盤は安価なものでもありませんので悩みどころですね。

また、落下衝撃などの勢いで針やインデックスがはずれてしまうこともありますので気をつけて下さいね!

はずれてしまったら、時計使用はその時点でストップして修理依頼をするのが正解です!m(._.)m

同じカテゴリの記事

まさか・・・と思う人

時計を振ってゼンマイを巻く人がいると言うと「まさか!」と言って笑う人が ...

カナルクラブから

READ

IWCインターナショナルの魚マークリューズもう手に入らない? 

  前回に続き、古いインターナショナルの話です。前回は内装部 ...

カナルクラブから

READ

オールドインターナショナル(IWC)  大量復活企画  

昔、古いインターナショナル(IWC)は日本でも非常に評価の高い時計でし ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ