時計は持ち主のモチベーションによって存在し続けます。 だから定期メンテナンスをしたり、不具合が出たときにオーバーホールをしたりします。あるいは大雨が降っているので今日は休ませようなどと思うわけです。その時計にどれくらい思い入れがあるかは人それぞれです。値段も年数も関係ありません。

手巻き時計のユーザーは、手巻きに慣れてしまうと、自動巻きの時計じゃ物足りなくなってくるそうです。毎日毎日同じ時間にゼンマイを巻上げてあげることで愛着がでてくるのでしょうね。

尚一層、その時計に対してのモチベーションがアップします。

皆さんが長期間時計を所有するというモチベーションのサポートをするのがこのコーナー“メンテナンス名人になる” ⌚ なのです。

同じカテゴリの記事

タグホイヤー Cal.1887 受付けを開始しました

タグホイヤー1887クロノグラフの受け付けを開始しました。セイコーキャ ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント⓶

前回に引き続き高額部品を守る3つのポイントのコンテンツをご紹介しますの ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント

今回紹介するのはカナルクラブが修理完了後オーナーの方にお送りしている動 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ