時計の風防は時代順に言うと

ガラス(非常に弱いガラス)→ プラスチック → ミネラルガラス(強化ガラス)→ サファイアガラスと変化してきました。

お持ちの時計がどの材質か確認してみてください!(^^)!

プラスチック製はキズが付きやすいのですが、ガラスに比べて割れにくいと言う特徴があります。海外の資料によってはプラスチック風防をunbreakable glassと表現していたくらいです。

そして現在主流のサファイアガラスはキズが圧倒的に付きにくいという有り難い特性があります。プラスチック風防のように素材が自然劣化することもありません。

しかし、ダイヤモンドと同じで、キズは付にくいのですが割れることがあります。 ぶつけたり、落としたりで結構割れます。

また、角(カド)の部分が小さく欠けるのは、気づきにくいですがほとんどの時計で起こっています。(ロレックスなど角がある形状では)

爪等を使ってガラスの淵をなぞってみてください。

案外と引っかかる感じはしませんか。←欠けている証拠です。

しかし、割れさえしなければ交換の必要は殆ど無いといって良いでしょう。

同じカテゴリの記事

切替車2 リューズでゼンマイを巻いないのに破損してることもある

前回のブログでは,リューズでゼンマイを巻くとき、急いで巻くと切替車に負 ...

カナルクラブから

READ

切替車を守る方法  1

リューズでゼンマイを巻くときに急がない 切替車はどちらかというと、破損 ...

カナルクラブから

READ

古いクォーツ時計は今のうちにメンテナンスしておいた方が良い

電子回路は修正できない 時計ブランドがフランスでも、イタリアでもスイス ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ