すでに始まっている高級時計の中古価格の上昇ですが、これからもずっと続くでしょう。

また、売り急ぐ人が減る傾向になると思います。

一人の人が今までより長い期間その時計を所有するということは

その人のメンテナンスする回数も増えるということになります。

ですので・・・・

使い方を知らないために毎回修理代が高額になってしまうことは一番避けたいところですね(^^♪

そのために一番有効な方法は、高額な外装部品(リューズやボタン)を守ることです。これは持ち主(ユーザー)の方が守ることができます。

オーバーホール後の保証の殆どは外装部品は対象外ですってところが多いものです。これは、ユーザー様の使用の仕方次第ですぐに壊れてしまったり、劣化が思いの外早かったりとすごくわかりやすく故障が見えてきてしまうからでしょう。

同じカテゴリの記事

時計を清潔に!

時計の汚れは、いずれ洗浄すれば良いからと、軽く考えている方が多いようで ...

カナルクラブから

READ

時計の状態が悪いと精度が良くなることがある!

時計の定期メンテナンスは3年から4年おきに、と言われています。しかし、 ...

カナルクラブから

READ

次回メンテナンスではなく、最低20年先に向けてのメンテナナンス

皆さんは、時計をオーバーホールした直後、このようなことを想われるでしょ ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ