こんな感じ!

レトロ調がお好きな方にはたまらない今ではあまり馴染みない時計ブレスレット。

お預かり品の中でこんな感じの時計を見るとユーザー様はどんな方かなぁ?とか時計を入手するまでの経緯〔形見かな?マニアかな?〕はどんなかな?って、想像しちゃったりします。

また、昔から?!お祝い事や記念日などに時計を買ったり、頂いたりする話はよく耳にします。

ユーザー様のその時計に対する思い出などを聞いたりすると、我々修理業としたら、なんとか力になりたいなぁって心から思います。

動かなかった時計が復活して、再度ユーザー様の手に渡った時に嬉しそうな表情をされると思わずこちらも嬉しくなります(o^^o)

同じカテゴリの記事

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

あまり使っていないからパーツは傷んでいないか?  パーツに厳しい環境とは?

使用頻度が低ければ、パーツのダメージは無い? 長期間オーバーホール無し ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ