腕時計のオーバーホールをするときの注意点とは

CATEGORY:

知っておくべき気をつけることとは

大切な腕時計を出来るだけ長く使い続けるには、オーバーホールが欠かせません。
定期的にメンテナンスをしていれば、不具合が起きても新品同様になって手元に戻ってきます。

これから職人に修理をお願いをしようと考えている人もいるでしょう。
技術と知識のある職人であれば、安心して時計を預けることができますが、依頼する前に知っておきたい注意点があります。

まずは、預けてから手元に戻ってくるまでの期間です。

オーバーホールは数日でできる作業ではありません。早くて数週間、長いときは1ヶ月ほどかかることもあるため、余裕を持って依頼しなければ必要な時に間に合わない可能性があります。
また、業者によっては保管期間を設けていることもあり、すぐに引き取りができない時にも対応してもらえますが、腕時計の状態が変わる可能性も考えられるため、出来るだけ早く取りに行きましょう。
いつまでに直して欲しいのか、引き取りにいける日はいつなのかを考えて日程を決定するといいかもしれません。

取り替える部品は要チェック

次に、メーカー純正品で交換ができるのか確認することも大切です。

劣化や摩擦で傷んだパーツは新しく交換しなければなりませんが、そのパーツがメーカーの純正品であるか否かで、メーカーに修理を依頼しなければならない時に受け付けてくれないことがあります。
また、腕時計は繊細な精密機械であるため、純正以外のものを取り付けると不具合が起きる可能性もあります。
中には依頼主に確認せずに代替品で済ませてしまう業者もあるため、必ず交換する際の部品は純正品かを確認してください。

最後に、知識と技術のある職人でも、対応することができないケースがあるということも知っておかなければなりません。

特に実績のないブランドやメーカーは取り扱いが難しい場合があり、必要な部品も揃っていないことがあります。
事前に問い合わせをして、どんなものが対応不可になっているのかを聞いてみたり、ホームページで確認するようにしてください。

このようにオーバーホールを依頼する際は様々な注意点があります。 これらを知った上でお願いしてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事

ゼニス エルプリメロ クロノマスター オープン

世界最高峰と称されるゼニス エルプリメロとは?

エルプリメロとは、1969年にZENITH(ゼニス)が開発した“世界最 ...

チューダー ファストライダー ドゥカテイ

ROLEXとTUDORの関係性とは?違いと特徴について

TUDOR(チューダー/チュードル)はロレックス創始者であるハンス・ウ ...

なぜ高級腕時計には“スイス製”が多いのか

世界の時計産業で圧倒的なシェア率を誇る国スイス。産業が盛んというだけで ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。