今回の画像は1990年頃に大流行した時計です。代表格は、エルメスクリッパー  シャネルプルミエール(1987年発売)です。

1990年代に全盛期を迎えた感じで、街中にあふれかえっていました。もちろんオメガも多かったです。ただ、オメガはまだ部品がこれからもしばらくはありそうですが、他のブランドについては何とも言えません。このての時計はクオーツ時計が主流ですが、クォーツ時計は電子回路から製造中止になることが多いので、とりあえず今のうちに良い状態にしておくことをお薦めします。

 

シャネルプルミエールのベルト黒革ヒモは新品に交換できる

黒い革ヒモの部分がどうしようもないほど劣化しているプルミエールがありますが、この画像のように新品と交換することができます。見事に生まれ変わりました。(黒の革の塊は今まで使用していた劣化した革ひもです)

後、もう一つ・・・特にエルメスクリッパーや、シャネルプルミエールは最近、中古市場で人気が復活しています。復刻版として今秋(2022年10月1日 価格¥759,000)発売されていることも大きいでしょうが、若い人達の興味を引いているようですね。若い人たちにとっては、初めて見る時計で新鮮なデザインなんですね。女性の手首にフィットしアクセサリー性を感じさせてくれるデザインです。

メンテナンス=オーバーホールをなさる場合、正確なこと(メンテナンス可、不可)は正式見積もりをご依頼いただいてから判明するのですが、お問合せの時点で、ある程度まではお答えできます。*時計のコンディション復活と同時に、1990年頃、今から30年ほど前の記憶、感情も蘇りそうです。

同じカテゴリの記事

エルメスクリッパー  シャネルプルミエール を復活させる

    今回の画像は1990年頃に大流行した時計です。代表格 ...

カナルクラブから

READ

タグホイヤー Cal.1887 受付けを開始しました

タグホイヤー1887クロノグラフの受け付けを開始しました。セイコーキャ ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント⓶

前回に引き続き高額部品を守る3つのポイントのコンテンツをご紹介しますの ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ