前回に続いて、1978年輸入時計カタログについて書きます。今回はオメガですが、まず、オメガの製品紹介にスピードマスターが有りません。今では、オメガといえば、スピードマスターと言われるほどのオメガの顔を誇るモデルなのですが、これは驚きですね!?

 

スピードマスターはアポロの月面着陸時に、宇宙飛行士が腕につけていたことで有名です。月面着陸は1969年ですのでカタログ作成時にはスピードマスターは既に存在していたというわけですが。やはりオメガというとスピードマスターがフラッグシップだと思うのですが。あるいはバンバン売れるスピードマスターはカタログに載せる必要は無いということなのでしょうか?

 

ホイヤーはそもそもカタログに載っていない

またホイヤー(当時はタグホイヤーではなく、ホイヤーでした)はそもそもカタログに存在しませんでした。この時代、高級時計はスーツ用が主で、スポーツタイプは特別な人だけが使うものという認識でしょうか?ジーンズが作業着から、普段着、そしてジャケットなどを合わせる組み合わせも一般化してきた流れと同じかもしれません。時計にも同じことが起こったということです。現在の状況の方が愉しいですね。

 

 

 

 

同じカテゴリの記事

まさか・・・と思う人

時計を振ってゼンマイを巻く人がいると言うと「まさか!」と言って笑う人が ...

カナルクラブから

READ

IWCインターナショナルの魚マークリューズもう手に入らない? 

  前回に続き、古いインターナショナルの話です。前回は内装部 ...

カナルクラブから

READ

オールドインターナショナル(IWC)  大量復活企画  

昔、古いインターナショナル(IWC)は日本でも非常に評価の高い時計でし ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ