時計を触れるときに使う道具

船堀ゴム株式会社 指サック

前回につながる部分でもありますが、時計の内側に指紋が付くことはいけません。

腐食、サビの原因になるからです。

それと、電池時計(クオーツ時計)では素手で触れた場合はショートしてムーブメントを交換しなければならない惨事になる可能性が大きいです。

サイズや、厚みは人の好みだと思います。

重要だと思うのは、常に清潔なものをしようすることです。

汚くなる前に、もったいがらずに交換することです。

高いものより、丈夫で、交換するのに抵抗ない価格がいいのではないでしょか。

ただ昨今、プラごみの問題が浮上してきているので、今後は検討の価値があります。

同じカテゴリの記事

時計を清潔に!

時計の汚れは、いずれ洗浄すれば良いからと、軽く考えている方が多いようで ...

カナルクラブから

READ

時計の状態が悪いと精度が良くなることがある!

時計の定期メンテナンスは3年から4年おきに、と言われています。しかし、 ...

カナルクラブから

READ

次回メンテナンスではなく、最低20年先に向けてのメンテナナンス

皆さんは、時計をオーバーホールした直後、このようなことを想われるでしょ ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ