1931年、ロレックスは世界初の完全自動巻きモデルを開発しました。「パーペチュアル」と呼ばれるこの機構は手巻きムーブにプラスしてローターを搭載した為、それなりにケースに厚みがでてしまいました。結果、裏蓋には丸みを帯び、厚みがでました。この丸みがかった裏蓋タイプを「バブルバック」(泡のように盛り上がっているので)と呼びます。

このクラスになると、アンティークの部類になり中古市場相場がぐっとあがります(汗)1931年~1955年頃までのものを「バブルバック」と定義しています。部品交換等があると非常にパーツ入手が厳しいクラスです。お持ちのユーザー様、大切に、大切に・・・・願っております。

同じカテゴリの記事

今は修理不能でも将来的に直せるときが来る

以前ロレックスの手巻きのデイトナを川に放り投げた方がいらっしゃいました ...

カナルクラブから

READ

針の腐食・変色は気にしない

古い時計の針変色は当たり前 たまに針が変色・腐食している時計を見ること ...

カナルクラブから

READ

時計はモチベーションによって維持される

未だに古いアルファに乗っている人がいる 以前、自動車評論家の徳大寺有恒 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ