ブレスレットの洗浄

前回のブログの続きです。

本体から外したブレスレットを時計専用の溶剤につけて、さらに超音波にかけて様子を観察してみましょう。だいぶ、汚れが浮き溶けている様子がわかります。これは、手首が黒くなってしまうのも納得です。汚れは、果たしてどうなったか。

ブレスをよーく乾かして・・・っと。

駒の隙間の汚れもとれて、ブレスレットの色が明るくなった気がします。ポリッシュをしなくても、だいぶ綺麗になったと喜んでくれるユーザ様の声をよく耳にします。やはり、高級時計はもちろんのこと、大切なお時計を長く綺麗な状態でご使用していただけたらと願います。それは、時計内部の状態と外装の両方からの意味合いとして定期的なメンテナンスの必要性をお伝えしたいものです。

同じカテゴリの記事

切替車2 リューズでゼンマイを巻いないのに破損してることもある

前回のブログでは,リューズでゼンマイを巻くとき、急いで巻くと切替車に負 ...

カナルクラブから

READ

切替車を守る方法  1

リューズでゼンマイを巻くときに急がない 切替車はどちらかというと、破損 ...

カナルクラブから

READ

古いクォーツ時計は今のうちにメンテナンスしておいた方が良い

電子回路は修正できない 時計ブランドがフランスでも、イタリアでもスイス ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ