GSTシリーズとは

写真は弊社社員の私物「IWC GSTクロノ」です。現在は生産終了ともなり、なかなか同じ時計をはめている方にはお会いしないようですが・・・・。1997年に今までIWCのスポーツモデルと言えば、ポルシェモデルと言われていたところ、ポルシェデザインとの提携終了をきっかけに新たなスポーツウォッチの顏となり誕生しました。GSTシリーズには「GSTクロノ」の他にも「GSTアラーム」や「GSTアクアタイマー」や「GSTラトラパンテ」「GSTパーペチュアルクロノ」とあります。2003年にはこのGSTシリーズは生産終了となりました。

ちなみに「GST」とは・・「GOLD」「STAINLESS」「TITANIUM」を表し、ケース素材に使用していることを表しています。

IWC魚マークのリューズ

さてさて、本題!?ですが。IWCの魚マークのリューズは防水時計を証するものとしてIWC愛好家には好まれていましたが、現行品の時計のリューズは「IWC]マークに変更になっております。メーカー修理にだすと、せっかくの魚マークのリューズが「IWC」のマークに変更になって戻ってきてしまいます。リューズは防水性を保つ為の要でありますから、古いリューズはどうしても交換はしなくてはなりません。使用可能であれば、できればそのままのリューズをつけていたいと希望するIWCファンは多いものです。

実際、弊社社員のこちらのリューズも交換が必要であるとのことでリューズを新しく取り寄せてみました。

現在魚マークのリューズは生産中止なので写真のような「IWC」のマークのリューズに変更になります。リューズ価格は25000円程。(現時点での価格です)

愛好家の希望に添えない事もございますが、時計を末永くご愛用頂く為に、変えるべきところはきちっと交換していくことがよいでしょう。リューズ劣化により防水不良で汗、水等が気づかずうちに混入していたらそれこそ( ノД`)シクシク…

IWCのお時計も多くお預かりしておりますので、ぜひカナルクラブにご依頼くださいませ。

同じカテゴリの記事

今は修理不能でも将来的に直せるときが来る

以前ロレックスの手巻きのデイトナを川に放り投げた方がいらっしゃいました ...

カナルクラブから

READ

針の腐食・変色は気にしない

古い時計の針変色は当たり前 たまに針が変色・腐食している時計を見ること ...

カナルクラブから

READ

時計はモチベーションによって維持される

未だに古いアルファに乗っている人がいる 以前、自動車評論家の徳大寺有恒 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ