リューズの交換

リューズの内側が汚れたロレックスリューズの画像です。オーバーホール時に外した際に汚れがあるものを写しました。かなり普段見えない部分が汚れていますね。またリューズパッキンは全て劣化しています。こうなると、防水的にも不安です。こういったリューズの中にはオーバーホール時の洗浄で、リューズ交換をしなくてもよいものもあれば、交換が必要なものもあります。

なぜ汚れくらいで破損するのというと,ステンレスの上面に自然にできるはずの酸化被膜が汚れによりできなくなるからです。そのため、ロレックスやオメガシーマスターはリューズのネジ山が腐食し、破損します。リューズ交換になると、修理費用が¥8万-を超えることが多いのです。

カナルクラブでは、ロレックス、オメガのリューズ交換は全て純正のリューズ交換をさせて頂きます。

同じカテゴリの記事

まさか・・・と思う人

時計を振ってゼンマイを巻く人がいると言うと「まさか!」と言って笑う人が ...

カナルクラブから

READ

IWCインターナショナルの魚マークリューズもう手に入らない? 

  前回に続き、古いインターナショナルの話です。前回は内装部 ...

カナルクラブから

READ

オールドインターナショナル(IWC)  大量復活企画  

昔、古いインターナショナル(IWC)は日本でも非常に評価の高い時計でし ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ