時計をゴミ箱に捨てるシーンを想像することは難しいのですが、確実に以前存在した時計は無くなっています。

おそらく捨てたのだと思います!?

また、捨てなくても

時計メーカーが製造を中止する

   ↓

次に部品も製造中止

   ↓

最後に現存する部品も底をつく

   ↓

そして直すことができなくなる。

このようにいずれは直せなくなりどこかに消えてしまいます。

もし部品が永久に作り続けられれば、時計は永久に存在し続けることが可能です。 

人間の細胞は7年(?)で全て入れ変わるので、7年経つと別人になると、言われます。しかし、やはり同じ人間です。

時計でも、たとえ全部品が入れ替わったとしても、その時計はその時計としてあり続けます。

別の時計になったわけではありません。

でも、メーカーが永久に部品を製造し続けるというのはただの夢にすぎません。

長い時計業界での経験からいろいろな面白い、カッコイイ、味のある、

不思議な魅力を持った時計が思い出されます。

しかしこれからはテクノロジーが画期的に発達する時代です。時計も永久に存在させることができるかもしれません。

同じカテゴリの記事

防水時計の方がサビが多い?

きちんと定期メンテナンスをしていればロレックスやオメガシーマスターのど ...

カナルクラブから

READ

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ