前回の記事に引き続き・・・

日常生活の中で、クロノグラフで時間を測るという場面は

実際あまりありません。

せいぜいカップラーメンをつくるときぐらいでしょう( ´艸`)私だけかなぁ。

しかし、クロノグラフをお持ちの方はたまに、測るものが無くても

ストップウォッチ作動させてください。

 ⌚スタート ⌚ストップ ⌚ リセット

これだけでOK.

(長時間ストップウォッチを作動させなくても大丈夫です。ボタンを押すことが大切なんです)

これがボタン内側に侵入した汗の脂分の被害を小さくする方法です。

もちろんオーバーホール時には、ボタンの内側の洗浄するので脂分や汚れはなくなるのですが、オーバーホールとオーバーホールにボタンを守ることと言えば、これくらいです。

同じカテゴリの記事

時計の大きなダメージは生活習慣病

長年時計修理業を営んでいると、凄いダメージの時計を見ることがあります。 ...

カナルクラブから

READ

オールドウォッチのメンテナンスは高額になるか?  

オールドウォッチの場合、かなり部品の破損が多いことがありますが、それは ...

カナルクラブから

READ

オイルが劣化しても時計は結構ちゃんと動き続けるが・・・

時計の部品に注してあるオイルは3年から4年で劣化します。5年もつことも ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ