前回の記事に引き続き・・・

日常生活の中で、クロノグラフで時間を測るという場面は

実際あまりありません。

せいぜいカップラーメンをつくるときぐらいでしょう( ´艸`)私だけかなぁ。

しかし、クロノグラフをお持ちの方はたまに、測るものが無くても

ストップウォッチ作動させてください。

 ⌚スタート ⌚ストップ ⌚ リセット

これだけでOK.

(長時間ストップウォッチを作動させなくても大丈夫です。ボタンを押すことが大切なんです)

これがボタン内側に侵入した汗の脂分の被害を小さくする方法です。

もちろんオーバーホール時には、ボタンの内側の洗浄するので脂分や汚れはなくなるのですが、オーバーホールとオーバーホールにボタンを守ることと言えば、これくらいです。

同じカテゴリの記事

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

あまり使っていないからパーツは傷んでいないか?  パーツに厳しい環境とは?

使用頻度が低ければ、パーツのダメージは無い? 長期間オーバーホール無し ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ