チュードルは、商品名の由来となったイギリスの王家の一つ『チューダー家』にちなんでつけられたことは先日のブログでもお話しましたが、こちらはチューダー家の家紋のバラ「チュードルローズ」がついているOLDクラスのモデルです。

 

針や文字盤も時代を流れてきたそこそこの使用感がでてきていますが、時計機能としてはとても元気に動いています。

 

OLD品はやはり見た目は古めかしくても、時計内部は現役中っていうのが理想です。定期的なメンテナンスは欠かせません。

 

最近チュードルのお預かりが増えてきています。

 

時計修理のカナルクラブ

 

 

 

 

同じカテゴリの記事

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

あまり使っていないからパーツは傷んでいないか?  パーツに厳しい環境とは?

使用頻度が低ければ、パーツのダメージは無い? 長期間オーバーホール無し ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ