パーツが壊れる3つの原因

ここではどの様にしてパーツが傷んでいくのかをテーマにしたコンテンツです。原因を追求すれば自ずと予防も出来るはず、そこで時計パーツの破損や劣化の最大の原因は大きく分けてこの3つです。

@ 落下や壁などにぶつけたショックでの物理的破損

A 水や水蒸気(湿気を帯びた空気)などによる酸化(サビ)

B 内部機械の潤滑油の乾きによる歯車の軸やバネ等の磨耗

@は注意すれば防ぐ事ができますが、腕時計とは本来とても弱いものだということを忘れないで頂きたいです。時計を扱う業者の方の修理も致しておりますが扱い方をご存知ですので比較的軽度な症状の時計が多いです。
物にぶつけた衝撃
物にぶつけた衝撃

Aの時計内部の水(水分)の侵入は多くの場合ガラスの縁のカケや裏ブタの亀裂や劣化、それとリューズの3ヶ所からです。

ガラスのカケや裏ブタなどの劣化は防ぎようが無いケースがありますが、リューズの場合は壊れていなくても水の浸入する可能性があります。水分の浸入は金属パーツを酸化(サビ)させてしまいますが、軽度のサビでしたらオーバーホールの際に無くなり部品交換の必要がありません。詳しくは<Q&Aの時計ユーザーの方へ>をご覧下さい。

防水テストのみのご依頼も承っております、お気軽にご相談下さい。

物にぶつけた衝撃

Bは技術者によるオーバーホール(注油)が必須になります。

機械内の油が切れている状態で長期間使用し続けますと、時計は部品を壊しながら(磨耗など)動いてしまいます。定期的なオーバーホールで時計内部のパーツは飛躍的に長持ちします。クォーツ時計の場合も同様なので電池交換の際に内部点検も無料で実施いたしております。もちろんメカニカル時計もブレス修理などの際にお気軽にご相談下さい

 

物にぶつけた衝撃

以上3つの事項がパーツ交換が多くなってしまう原因として考えられます。
一人でも多くのお客様が安心で快適なパートナー(時計)との
日々をお送りいただけますよう願っております。

<<CANAL CLUBのポリシーに戻る

 

営業日カレンダー

Copyright c kaneko&Co. All Rights Reserved.