腕時計のオーバーホールを長期間しないとどうなる? 

CATEGORY:

腕時計の機構は、ひどくなると元に戻らない

腕時計好きの方はメンテナンスや、オーバーホールについて一定の知識をお持ちでしょう。今回はあまりご存知ではない方のために、オイルについても書かせていただきます。

オーバーホールとメンテナンスは、腕時計の寿命に関わってくる大切なお手入れです。メンテナンスをしないと、寿命が短くなるだけでなく、故障しても修理できないという場合もあるのです。高級時計のファンの方は末永くその時計をお使いになるというお考えをお持ちでしょうから、定期的なメンテナンス、オーバーホールは必ず行うようにしましょう。

腕時計が手遅れになる前のオーバーホール

定期的なオーバーホールを行っていない場合、不具合がでてくることが多くなりますが、その原因の一つにオイル切れがあります。腕時計の裏蓋を開けると、様々な小さいパーツが取り付けられており、それぞれが精巧に組み合わさって動いています。それらの部品を円滑に動かしているのがオイルです。部品の一つでも動きが悪くなると、全体に影響を与えてしまいます。オイルの量が十分であれば動きはスムーズですが、少なくなるとパーツ同士が擦れて劣化していき、汚れも付着しています。

オーバーホールでは、劣化している部品を交換し、残ったオイルや汚れを綺麗に取り除き、新しく注油を行います。洗浄には専用の機材を使用し、薬品や洗い方を変えながら複数回行っていきます。注油はそれぞれの箇所でオイルを使い分け、適量を注油していきます。少しでも量を間違うと精度に大きな影響を与えてしまう難しい作業です。熟練の職人がそれぞれの時計の状態に合わせながら丁寧に注油を行った後、慎重に組み立てて、本来の状態に戻していきます。

腕時計の針の動きが遅れてきたり、たまに止まる時があったり、、、多少の不具合なら、まだ大丈夫とそのまま放っておく人もいます。しかし、放置していたことにより修理できないほどに状態が悪化したケースも少なくありません。

カナルクラブでは、できれば3年、長くても5年に一度のオーバーホールをおすすめしています。

同じカテゴリの記事

オメガ スピードマスター

腕時計が“磁気帯び”するのは故障?原因や対応策について解説

スマートフォンやPC、電子レンジやテレビなどの家電製品、マグネット付き ...

防水機能がある腕時計でも浸水で故障してしまう?原因と修理方法

腕時計には、防水性と非防水性があります。防水機能のある腕時計には、文字 ...

文字盤

時計の修理やオーバーホールが必要なときに役立つ腕時計の各部名称

いつも愛用している腕時計の調子が悪い。しかし、どの部分がどのように不調 ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。