腕時計のオーバーホールで行うポリッシュ(研磨)とは?

CATEGORY:

オーバーホールは機能を回復させる

腕時計のオーバーホールは、熟練が必要とされます。難易度が高いため、知識と技術がない人が行うと腕時計の状態が悪化して使い物にならなくなる恐れがあります。

基本的には修理会社にお願いすることになりますが、直接作業を見ることができないため、どのようなメンテナンスをしているのか気になる人も多いのではないでしょうか。高価な腕時計や、形見として受け継いできた腕時計は、とても大切です。他人へ大切な腕時計を預けることに不安を感じる方もいるでしょう。

オーバーホールは、腕時計の裏蓋を外し、中に取り付けられているパーツを全て分解して洗浄をします。パーツが劣化しているものは、新しい部品と交換したり、作り替えたりして修復するのです。組み立てる時は、専用のオイルを注油しながら、分解した時とは逆の手順で組み直します。簡単なように思えますが、パーツの数も多く、オイルの種類や量は状況を見ながら判断していくため、知識と技術が必要なのです。オーバーホールができない修理業者もいるため、歴史と実績のある修理会社に依頼してください。

外観のメンテナンスは?

腕時計をポリッシュ(研磨)するメンテナンスもあります。ポリッシュとは、バフモーターと呼ばれる機械を使って職人の手作業で腕時計を磨くメンテナンスのことです。大切に使っていても、細かい傷がついたりサビついたりしますが、研磨をすることで綺麗になります。店舗によって「新品仕上げ」、「鏡面仕上げ」など研磨作業の呼び方は異なりますが、名前の通り新品のように艶を取り戻すことができるのです。

高価な腕時計は、綺麗な状態で長く使いたいと思うでしょう。たまにポリッシュ(研磨)を依頼して新品同様に仕上げてもらってみてはいかがでしょうか。

しかし、全ての腕時計に研磨ができるわけではありません。基本的にはステンレス、ゴールドなどの素材だけです。チタンやメッキ、プラスチックといった素材は、研磨できないため注意してください。

また、削りすぎると見た目の質感が変わったり、資産価値を下げてしまう恐れがあるため、このメンテナンスにも技術と経験が必要になります。これらのことに注意しながら、信頼できる修理会社に依頼しましょう。

同じカテゴリの記事

オメガ スピードマスター

腕時計が“磁気帯び”するのは故障?原因や対応策について解説

スマートフォンやPC、電子レンジやテレビなどの家電製品、マグネット付き ...

防水機能がある腕時計でも浸水で故障してしまう?原因と修理方法

腕時計には、防水性と非防水性があります。防水機能のある腕時計には、文字 ...

文字盤

時計の修理やオーバーホールが必要なときに役立つ腕時計の各部名称

いつも愛用している腕時計の調子が悪い。しかし、どの部分がどのように不調 ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。