並行輸入品の腕時計をオーバーホールするには

CATEGORY:

並行輸入品と正規品の違いとは

高級腕時計には並行輸入品と正規品の2種類があります。それぞれ特徴があり、オーバーホールでも違いがあるため、それぞれの違いを知っておくことが大切です。

昔は「代理店」が日本での高級腕時計販売を代行していました。日本の場合、代理店がかなり高額な定価を設定して販売していたので、並行輸入品の方が圧倒的に安い価格となっていました。(この高額な金額のせいで、販売本数は少なかったわけです)しかし、現在はメーカーが代理店を通さずに販売するので、正規品と並行輸入品に金額の差はほとんどありません。

また正規品も並行輸入品も品物自体は全く同じです。平行輸入品は外国の小売店から輸入するのですがその国にとっては正規品ということになります。正規品は安心、安全なイメージが強く、保証期間が長いというメリットがありますが、メーカーで修理を依頼した場合非常に高額であったり、国内で販売許可が下りているものだけしか修理を受け付けないなどのデメリットもあります。

並行輸入品・正規品の時計を修理に出す時に知っておきたいこと

どんな腕時計もメンテナンスをしなければ破損して使えなくなります。大切な、高価な腕時計を使えなくなってしまわないように、定期的にオーバーホールをすることが大切です。

並行輸入品の腕時計は、メンテナンスや修理をメーカーに依頼しにくい、というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。なかなかメンテナンスをせずに時計の部品を傷めてしまい、結局高額なメンテナンス金額になってしまうことがあります。

並行輸入品、正規品を問わず腕時計をオーバーホールするのにおすすめの方法は、メーカーではなく実績のある修理業者に依頼をすることです。オーバーホールは誰でもできる簡単な作業ではありませんが、そのメーカーでなければならないという決まりはありません。腕のある技術者であれば、正規品・並行輸入品関係無く、オーバーホールで腕時計を修理することができます。今までメーカーでしかメンテナンスを依頼したことがないといった方にもおすすめです。

同じカテゴリの記事

ゼニス エルプリメロ クロノマスター オープン

世界最高峰と称されるゼニス エルプリメロとは?

エルプリメロとは、1969年にZENITH(ゼニス)が開発した“世界最 ...

チューダー ファストライダー ドゥカテイ

ROLEXとTUDORの関係性とは?違いと特徴について

TUDOR(チューダー/チュードル)はロレックス創始者であるハンス・ウ ...

なぜ高級腕時計には“スイス製”が多いのか

世界の時計産業で圧倒的なシェア率を誇る国スイス。産業が盛んというだけで ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。