パネライ・ルミノールの象徴 “ロックレバー式リューズプロテクター”

CATEGORY:

パネライは、1860年にフィレンツェで設立されたイタリアの高級腕時計ブランドです。

イタリア海軍と協力してきた長い歴史があり、重厚感のある大胆なデザインと、精度・耐久性を重視した腕時計を開発してきたブランドとして知られています。

パネライのコレクションと言えば、ルミノールとラジオミールの2つに大別されます。2つのコレクションには、大きく異なる点があります。それは、リューズプロテクターの有無です。

パネライ ルミノール サブマーシブル

ロックレバー式リューズプロテクターの役割

1950年代、現行のルミノールコレクションのアイデンティティとも言えるリューズプロテクターが誕生しました。リューズプロテクターは、リューズを衝撃から保護し、時計の防水性・気密性を向上させる役割を果たします。

ラジオミールや一般的な高級ダイバーズウォッチに採用されているプロテクターは、リューズを回転させる”ねじ込み式” です。しかし、ルミノールではレバーでリューズを押え込む “ロックレバー式” を採用しています。

1分1秒を争う海軍が手短に時刻合わせをするために、リューズプロテクターのレバーを起こし、ロックを解除できるようにしたそうです。

腕時計の故障を防ぐロックレバー式リューズプロテクター

リューズを回転させるねじ込み式リューズプロテクターでは、ゴムパッキンに斜めの力が加わります。一方、リューズを上から押えて密閉するロックレバー式リューズプロテクターでは、リューズへの負担が少ないため破損しにくいのです。

構造的に、ゴムパッキンが劣化したあとも防水性を保ちやすいため、腕時計内部に水や汗が大量に浸入する心配もありません。結果として、高価な部品交換が必要になる事態を招きにくくします。

パネライのオーバーホールはカナルクラブにお任せください

パネライ ルミノール

リューズプロテクターが備わったルミノールは、修理料金が高額になりにくいモデルです。大きく故障するケースは少ないものの、接続時間の短縮やカレンダーの切り替え不良が気になり、オーバーホールをご依頼いただくお客様はいらっしゃいます。

→ パネライのオーバーホール・修理事例

小さな異変に気づいた方や、しばらくオーバーホールをしていない方は、ぜひこの機会にオーバーホール・修理をご依頼ください。修理実績が豊富で腕のいい技術者が、責任を持ってお客様の腕時計をオーバーホールいたします。

同じカテゴリの記事

ベゼル

腕時計のベゼル交換が必要となる 2 つの原因

腕時計のベゼルとは、時計の風防(ガラス)を固定している環状の部品を指し ...

オーバーホール料金を抑えるためのリューズにおける注意点 4 選

日常生活で時計を身につけるうえで特に気をつけるべき要素の一つが “ リ ...

高級腕時計の文字盤修復には文字盤プリント(リダン)がおすすめ

文字盤は時計の外観に大きく影響し、その状態が時計の価値にも影響を与える ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。