前回に引き続き高額部品を守る3つのポイントのコンテンツをご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

高額部品を守る3つのポイントとは

ローター芯を守る

どのブランドのものもローター芯は高額部品であり、破損すると修理代を高額にしてしまいます。 ローター芯を守ること、それがリーズナブルなメンテナンスを実現する第二条件です。

ロレックスの場合、ローターの直径は28mm前後ですが、ローター芯の最も細い部分は0.7mm〜1mmほどしかありません。

オートマチック時計は、このローターを回転させることでゼンマイを巻きます。

落下や衝撃、またはゴルフなど、時計に急な負担のかかるスポーツをされる際には時計を外すことをおすすめします。また、油が劣化し始める最後のオーバーホールから3年目から4年目以降は、ローター芯の摩耗を防ぐため、ゼンマイを巻く際は時計を手で振るのではなく、リューズを回して巻く事でローター芯の摩耗を防ぎます。

同じカテゴリの記事

タグホイヤー Cal.1887 受付けを開始しました

タグホイヤー1887クロノグラフの受け付けを開始しました。セイコーキャ ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント⓶

前回に引き続き高額部品を守る3つのポイントのコンテンツをご紹介しますの ...

カナルクラブから

READ

高額部品を守る3つのポイント

今回紹介するのはカナルクラブが修理完了後オーナーの方にお送りしている動 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ