最近話題になっているサスティナビリティという言葉。「持続可能性」と言う意味です。つまりどんどん作って、どんどん捨てて、どんどん買うという時代への反省です。この言葉、ファッション関係の記事で目に付くことが多い気がするのですが、他の業種でももちろん意識されています。いろいろな商品がサスティナビリティを考慮して作られ、売られています。しかし、サスティナビリティはモノ作りだけでなく、個人の価値観やライフスタイルについても関係すると思います。

 

すでにモノは充分有る

サスティナビリティは新しく作るものだけでなく、すでに世に出ているものについても、持ち主の接し方によって、成り立たせることができます。つまり、今あるものを大切にする、見直すということです。確かにサスティナビリティは現代社会において大事なキーワードです。いろいろなモノが今まで十分たくさん作られました。すでに十分に世の中に溢れています。もちろん時計業界にいる人間として、毎年発表される新しい時計を買う方がいらっしゃれば嬉しいです。しかし、それとは別に今あるものを大事にするという感覚はやはり重要でしょう。これは飽きてしまったものを我慢して使おうという話ではありません。時計に関しては、価値がどんどん上がっているので、その時計を見直してみる、ということです。そういう視点で見てみると、今まで見えなかったこと、今まで感じなかったことに気づくかもしれません。

 

もしその時計の価値が下がった(飽きた)というのは、オーナーの方だけの感覚なのではないでしょうか。社会的に見ても、他人から見てもそれは、まだ価値を持ち続けています。そして長く持ち続けるほど、価値は熟成していきます。

同じカテゴリの記事

高級時計を譲られた人はどうすれば?

高級時計は、血縁関係の中で譲渡されていく。これからは、今まで以上にこの ...

カナルクラブから

READ

何世代も時計を受け継いでいく感覚が有れば全部うまく行く

最近の傾向として・・・ 時計はいずれ親族に譲りたい(最近これを望む方が ...

カナルクラブから

READ

家宝としての時計 (2代目オーナー、3代目オーナー、さらにその先へ)

店頭でお客様と話すとき、これからこういう時計は血縁関係の中で受け継がれ ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ