時計内部には、部品同士が滑らかに協調しながら動作できるよう、また時計の精度を上げるためにオイルが注してあります。オイルが劣化すると部品に負荷がかかり、遅れる傾向がありますが、案外正確に時計が動くことも多いです。つまり負荷がかかっても動くということはゼンマイが強い力で無理に動かしているということです。

 

オイルの劣化は34年で起こる

3年から4年でオイルは劣化してしまいます。ただ、それだけでは時計は動き続けます。(結果的に正常に見えるだけで、時計内部は良い状態ではありません)だから、長年メンテナンスをしないで放っておく方が結構沢山いらっしゃいます。クォーツの場合は弱い力で軽く動くのでそれほど部品が摩耗してしまうことはありませんが、ゼンマイ駆動の時計は強い力で動かしているので傷みます。コンディションの悪い状態で、時計を使えば使うほどダメージは深刻になっていきます。

ゼンマイが切れると

ゼンマイが切れると、まだオイルやゴムパッキンの劣化がないのに止まってしまいます。ゼンマイはいつ切れるという目安がないので、オーバーホール後、数か月で切れてしまうこともあれば、20年以上ももつこともあります。

25年正確に(?)動いていたのでオーバーホールはしたことがない、というオーナーの方もいらっしゃるのですが、その時計は歯車などは摩耗、サビで決定的なダメージを負っているでしょう。直すことは可能ですが、多くの部品交換が必要になりそうです。

つまり時計にはこのような特徴があるので、現在正確に動いているというのはメンテナンス=オーバーホールのタイミングを決定する判断基準にはなりません。あくまでも前回オーバーホールから経過した年数で判断します。

カナルクラブでは、3年から4年、遅くとも5年でメンテナンス=オーバーホールが大切であることをこれからもお伝えしていきます。

 

同じカテゴリの記事

今ある時計の20年後予測

今お持ちの時計の、とりあえず20年後を予想してみましょう。(どんなに古 ...

カナルクラブから

READ

もう時計は必要無い?(時計の価値観)

ほぼ全員が携帯電話を持つ時代になり、時間を知るために時計が必要な時代は ...

カナルクラブから

READ

パーツを直す・パーツを作る

オールドウォッチはについて ・直るのか? ・修理代が高いのでは? ・買 ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ