カナルクラブのお客様は、今お持ちの時計を手放さず(一生モノとして)お使いになることを希望している方が殆どです。そして全体的な高級時計の中古市場価格が上がる傾向により親族の中の若い世代に引き継がれていく。

つまり息子さんやお嬢さん(二生モノ)に引き継がれていくという傾向が色濃くなっています。(次はお孫さんですが、これは三生モノになります)

 

確か・・・去年だと思いますが・・・・。 タクシーのテレビでTUDERの広告を観たのですが、ラグビーの外国人選手が自分のTudorを手にして「これが一番使ってるかな?いずれ僕の孫が使うようになるかもね。」と語る場面がありました。

そう!この感覚です。

これからは、高級時計の価値観としてクローズアップされていくでしょう。このように高級時計は一生モノではなく、二生モノ、三生モノ・・・・多生モノとなっていくはずです。そして更にに永久にという課題も出てくるでしょう。

 

 

カナルクラブでは、いよいよこの課題に本気で取り組むタイミングが来たと感じています。

 

同じカテゴリの記事

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

あまり使っていないからパーツは傷んでいないか?  パーツに厳しい環境とは?

使用頻度が低ければ、パーツのダメージは無い? 長期間オーバーホール無し ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ