今回の記事は、リファレンスナンバー16014 16030 14000

30系(3035〈カレンダー付〉 3000〈カレンダー無し〉)を使用しているロレックスについて書きます。

 

常々、ロレックスのムーブメント、キャリバー30353000の切替車の破損が他の機種に比べて多いということを感じています。

 

 

キャリバー3035は、キャリバー1570の後、そして3135の前に開発されたムーブメントで、1970年代後半から1980年後半までの製造です。この3035などに対する評価は技術者間でもかなり高いものです。

 

30系はなぜか高額部品の破損が多い

しかし高評価を受けているにも関わらず、なぜか高額部品の破損が多い傾向があります。もちろん定期的にメンテナンスされている場合はそれほど多くはありませんが。

 

切替車(切り替え車 reversing wheel)が危ない

30系の部品破損で、特に目立つのが、“切替車”という部品の破損です。しかもこの切替車は1個の時計に2個使われていて、多くの場合、2個とも交換が必要になります。ちょっと始末に負えない感じです。メンテナンスをしないと、多くの部品が破損してメンテナンス費用が高くなる、と口を酸っぱくして言い続けていますが、いくら長期間メンテナンスをしていなかったにしてなぜ30353000だけ切替車の破損が多いのか?

 

そこで複数の内部・外部の技術者に質問をしてみました。

 

まず「リューズでゼンマイを巻くときに早く巻くと切替車に負担がかかり破損しやすい」という点です。これは30系だけではなく、どの時計にも言えることですが・・・。ゼンマイを巻くときに早く巻くことのデメリットは30系だけに起こることではない。ただ、プラスチック風防仕様(16014など)なので、防水性が落ちやすくサビの粉が切替車につく、その粉が原因で切替車がこすれて緩んでくる。つまり粉が出てからリューズで早くゼンマイを巻くと確かにダメージは大きくなる。ということはやはりゼンマイはリューズでゆっくり巻く方が良いということになります。

 

しかし、14000などはサファイアガラス仕様ですが、やはりダメージが大きい確率が高いです。

 

こうやって考えてくると、どうも、ズバリこれが原因というのは特定し難いのですが。

 

 

結論

予防策の結論としてはやはり定期メンテナンスが重要ということですが、特に30353000にはそれが言えるということ。

 

さらにゼンマイをリューズで巻く際にゆっくり巻くことにより切替車に負担をかけないというのは、やはり相当効果がありそうです。これは日常でも使える使用習慣ということになります。

 

同じカテゴリの記事

オールドウォッチのメンテナンスは高額になるか?  

オールドウォッチの場合、かなり部品の破損が多いことがありますが、それは ...

カナルクラブから

READ

オイルが劣化しても時計は結構ちゃんと動き続けるが・・・

時計の部品に注してあるオイルは3年から4年で劣化します。5年もつことも ...

カナルクラブから

READ

オールドウォッチの部品が手に入らなかったら

最近の中古高級時計の評価の上がり方は凄いものがあります。 良く知られた ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ