ロレックス リューズの変化 

画像はロレックスステンレスリューズと金色リューズです。どちらも新タイプです。旧タイプの金色リューズはリューズ下部のパイプとリューズ本体内側がSS(ステンレス剥き出し)でした。

この新タイプのメッキが施されたことでどのような違いがあるでしょう?

パイプメッキ・本体内側メッキが、ある程度以上の厚みがあることでリューズの腐食を妨ぐ期待できます。ステンレスの部分が剥き出しですと、汗の脂分による劣化が起こるのでそれを防ぐことができそうです。(ロレックスのすることですからかなりの厚みを持たせているはずです。)

これは期待できそうです( *´艸`)

リューズは時計内部への水分、汗の混入を防ぐ重要な役割を果たしています。腐食することで防水性が低下しますのでリューズがこのように進化をしていることはロレックスはさすがですね!

同じカテゴリの記事

文字盤・針の変色腐食は価値に関係ない、しかし気になる

文字盤、針の変色などが気になる   最近はオールドウォッチの ...

カナルクラブから

READ

歴史的な事実ではなく、個人的なヒストリー

偉大な歴史 少し前に歴史を持つ時計について書きました。時計の歴史には, ...

カナルクラブから

READ

あまり使っていないからパーツは傷んでいないか?  パーツに厳しい環境とは?

使用頻度が低ければ、パーツのダメージは無い? 長期間オーバーホール無し ...

カナルクラブから

READ

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES

MESSAGE

当ブログでは皆さんに時計に関してのあらゆるお話ができたらと思いますので宜しくお願いします!

施工事例や時計に関するよもやま話などホームページ内ではお伝えしきれなかった内容も書かせていただきますのでぜひご覧下さい。

高級時計修理工房
カナルクラブ