オーバーホール・修理事例

ROLEX 15200 DATE

しばらくメンテナンスをしていらっしゃらなかったようですが、特に不具合を感じていなかったようです。
時計内部状態はやはりお久ぶりのメンテナンスということで、だいぶ油が乾いた状態で使用されていた様子がわかりました。自動巻き(ローター)の中心部にあるローター芯が油切れ後に使用したことで、摩耗していました。こうなると、ユーザー様は気づかなかったかもしれませんが、自動巻き機能が鈍くなり、持続性が低下していた可能性が考えられます。

メンテナンス内容

計 ¥54,000-

-基本オーバーホール
-内部パーツ交換(ゼンマイ/ローター芯/パッキン)