オーバーホール・修理事例

オメガ スピードマスター 178.0055

しばらくメンテナンスをしていなかった時計で、止まりやすくなったことがきっかけで修理にお持ちになりました。

ユーザー様の多くは、時計を使用していて何等かの時計の不調や故障をきっかけにお持ちになります。もちろん、それはそれでいいのですが、定期メンテナンスというのは、特に自覚症状がなくてもある一定の周期(時計であれば、油が乾く3~4年目安)にだしていただくということなんです。思った以上に状態が悪かったりと早い対処で大きなダメージを防ぐことができますからね。

メンテナンス内容

計 ¥33,000-

-基本オーバーホール
-内部交換(切替車/パッキン/ピン/パイプ)