ROLEXとTUDORの関係性とは?違いと特徴について

CATEGORY:

チューダー ファストライダー ドゥカテイ

TUDOR(チューダー/チュードル)はロレックス創始者であるハンス・ウィルスドルフ氏により創立され、ロレックスの“ディフュージョンライン”として1930年頃に誕生しました。

ディフュージョンラインとは“ブランドの普及版”という意味で、ブランドの感性や特徴を保ちつつ低価格で商品をつくり、ブランドの知名度や販売の拡大に繋げるといった目的があります。

当時ロレックスの本社があったイギリスで市場を拡大するために、ロレックスの廉価版として一般向けにつくられたのがTUDORというブランドです。ロレックスによく似ているのはそのためで、ロレックスとTUDORはいわゆる“兄弟ブランド”という関係性になります。

TUDORの正式な日本語表記は?

TUDORが日本語で表記される際に「チュードル」や「チューダー」というように、たびたび異なる表記となっている場合があります。それは何故でしょうか?

日本国内では2018年まで正規店がなく、並行輸入品を探して購入することしかできなかった”TUDOR”。当時はまだ日本語表記が定まっていなかったという背景もあり、「チュードル」の呼び名で展開されていました。しかし、2018年にTUDORの正規店が日本へ上陸したことによって、正式なブランド表記が「チューダー」として改められたのです。

TUDORとロレックスの違いや特徴は?

TUDORの腕時計には、世界初の腕時計用防水ケースとして知られる“オイスターケース”をはじめ、ロレックスと同じパーツが多く使用されています。同じ技術が用いられているにもかかわらず、ロレックスよりもはるかに低価格で手に入れられる点が、TUDORの最大の特徴です。

TUDORがロレックスよりもリーズナブルな価格で手に入れられる理由は、“ムーブメント”の違いです。

ロレックスのムーブメントにはマニュファクチュール(自社製)が使われているのに対し、TUDORはETA社製の“汎用ムーブメント”が使われています。

ETA社のムーブメントは、オメガやタグホイヤーのような一流メーカーで多く使用されており、最高級ムーブメントはロレックスの自社製と遜色のない性能を持っています。ETA社製の”汎用ムーブメント”の使用によってコストダウンを実現し、ロレックスよりもリーズナブルな価格での販売が可能となっているのです。

TUDOR(チューダー/チュードル)の修理・メンテナンスもお任せください

オーバーホール

カナルクラブは、御徒町で50年以上続く、高級腕時計専門の修理工房です。経験豊富で腕のいい技術者が、責任を持ってお客様の時計をオーバーホールいたします。

機械式腕時計の定期メンテナンスやオーバーホールは、年間7000件の修理実績を誇るカナルクラブにお任せください。高度な技術を、適正価格でご提供いたします。

同じカテゴリの記事

ゼニス エルプリメロ クロノマスター オープン

世界最高峰と称されるゼニス エルプリメロとは?

エルプリメロとは、1969年にZENITH(ゼニス)が開発した“世界最 ...

チューダー ファストライダー ドゥカテイ

ROLEXとTUDORの関係性とは?違いと特徴について

TUDOR(チューダー/チュードル)はロレックス創始者であるハンス・ウ ...

なぜ高級腕時計には“スイス製”が多いのか

世界の時計産業で圧倒的なシェア率を誇る国スイス。産業が盛んというだけで ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。