高級腕時計が資産として扱われる理由

CATEGORY:

一般的に、資産的価値は保有しているだけでは意味がなく、価値の変動が注目されます。たとえば株の場合、価値が上昇すると予測される場合には“買い”を判断するでしょう。

高級腕時計の場合は、高級といえど、中古価格が定価を超えるモデルは多くありません。ほとんどのモデルにおいて、市場価値は定価の6割前後で保たれるため、一見すると損のようにも思えます。

ただし、一部の時計では将来的に値上がりする可能性があります。限定品・アンティークウォッチ・需要にたいして供給が少ない人気モデルでは値上がりするケースがあるため、年月の経過だけで腕時計の価値が目減りするとは考えにくいのです。

一体どのような理由によって、高級腕時計は資産として扱われるようになったのでしょうか。

需要が供給を上回る高級腕時計市場

多くの商品において、人の手に渡り新品から中古に変わった瞬間から価値が下がっていくのが一般的です。価値は、徐々に減り最終的にはなくなるか、価値が残るかの2パターンに分類されます。

服やバッグのように消耗が激しい商品の場合は、価値が徐々に減り、最終的には価値がつかなくなります。しかし高級腕時計の場合、身に着けるものとしては非常に高価。丁寧に扱われるがゆえに劣化しにくく、消耗した場合にも修復が可能で、値崩れがおきにくいとされています。

また、消耗しにくいという性質から価値を維持しやすく、定価よりも安く購入することで初期投資を抑えられるため、高額であっても需要が高いのです。

時計職人が手作業でつくるために生産量が限られるうえ、唯一無二の工芸品としての価値まで付加されている点も、時計の価値をさらに高める要因となっています。

資産として高級腕時計を保有する利点

時間を確認する

腕時計として高い実用性を備えていることが大前提となります。

ファッション性

金や株に投資するのと違い、資産としての価値だけではなく、日常的に身に着ける楽しみも得られるのが高級腕時計の魅力です。身につけることで、社会的地位や満足感を実感できる方も少なくないでしょう。

維持における負担が少ない

投資において、維持費や管理費を伴うことは珍しくありません。不動産投資の維持費は、固定資産税・管理費・積立修繕費・設備の買い替えなどにより、年間およそ100万円。また、車の場合でも税金・保険料・メンテナンス費用・駐車場代・走行費用などで、年間40万円前後の費用を要します。

一方、高級腕時計の場合は、維持における負担が少額で済みます。3〜5年に1度のメンテナンス費用がかかるだけで、固定資産税はかかりません。毎年固定の出費がなく負担が少ない点は、資産性の面で見ると大きな利点といえるでしょう。

高級腕時計の価値を保ち続けるためにはオーバーホールが不可欠

腕時計

資産運用のために高級腕時計を所有されている方のなかには、購入時の状態のまま保管される方もいらっしゃるかもしれません。しかし、高級腕時計は精密機械であるため、長期間放置してしまうと内部パーツの潤滑油の乾燥が故障を招く恐れがあります。使用状況にかかわらず、動作確認やメンテナンスは定期的に行いましょう。

カナルクラブは、御徒町で50年以上続く、高級腕時計専門の修理工房です。経験豊富で腕のいい技術者が、責任を持ってお客様の時計をオーバーホールいたします。高級腕時計の定期メンテナンスやオーバーホールは、年間7000件の修理実績を誇るカナルクラブにお任せください。

同じカテゴリの記事

タグホイヤー カレラヘリテージクロノグラフ

タグホイヤー カレラの定番 “クロノグラフ”の扱い方

タグホイヤーは、1860年にスイスで創業し、ストップウォッチやクロノグ ...

高級腕時計業界に広がるサステナブルな動き

2015年に国際連合が提唱したSDGs(持続可能な開発目標)から始まり ...

高級腕時計の価値をキープする条件とは

高級腕時計の資産価値は、さまざまな観点から決められており、常に一定とは ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。