腕時計はなぜオーバーホールが必要なのか?修理との違いは?

CATEGORY:

腕時計のオーバーホールは、本当にしたほうがよいのか。
どのような時計修理店を選んだらよいか、わからない。

ロレックス・オメガ・カルティエなど、特に高級腕時計を所有しているオーナー様でしたら、一度はこのような懸念をされた経験があるのではないでしょうか。

ロレックス デイトナ

なぜオーバーホールが必要か

自動車やオートバイにも「車検」という定期的なメンテナンス制度があります。あらゆるパーツの点検や、ときには分解をして整備を行ないます。車検を怠ってしまうと、車体の劣化や不調に気づくことができず故障の原因となり、最悪の場合は事故に繋がってしまう恐れもあります。

腕時計の場合も同様です。不調が起きていないか、劣化しているパーツの有無などを不調が起こる前にしっかりと点検し、定期的にオーバーホール(分解・洗浄)を実施する必要があります。

オーバーホールと修理の違い

もし、オーバーホールで不調が解決されない場合、多くはパーツの交換や修理となります。修理内容の度合いによっては、高額の費用がかかる・修理期間が長期になる・最悪の場合は修理不能となってしまうケースもあります。最悪の場合を未然に防ぐため、不調が発生する前に行うのが“オーバーホール”です。

オーバーホールが必要な症状

オーバーホールの周期はメーカーによっても異なりますが、一般的には機械式で3〜5年と推奨されています。ただし、使用状況によっては、推奨周期よりも早めに実施したほうがよいケースもあります。

チェックリスト

  • 最近時計が少し遅れやすい、または進みやすくなった
  • 手巻きをすると、重さや引っかかりを感じるようになった
  • 寒暖差の激しい気候下で、毎日欠かさず身につけていた
  • スポーツやアウトドアをするときに、いつも身につけていた
  • うっかり時計を落としたり、強い衝撃を与えてしまった
  • 雨に濡れたり、汗をかいた状態で時計を放置してしまった

あてはまる状況や症状がある場合は、できるだけお早めに時計修理店へ相談していただくことをおすすめします。

安心できる定期オーバーホールはカナルクラブにお任せください

腕時計の不調や不具合は、熟練技師による定期的なオーバーホールを行なうことで、快適で正常な状態を保持できます。人、動物や車のみならず、腕時計にもメンテナンスは欠かせません。

カナルクラブのオーバーホール修理事例はこちら

カナルクラブは、御徒町で50年以上続く、高級腕時計専門の修理工房です。経験豊富で腕のいい技術者が、責任を持ってお客様の時計をオーバーホールいたします。機械式腕時計の定期メンテナンスやオーバーホールは、年間7000件の修理実績を誇るカナルクラブにお任せください。高度な技術を、適正価格でご提供いたします。

同じカテゴリの記事

ゼニス エルプリメロ クロノマスター オープン

世界最高峰と称されるゼニス エルプリメロとは?

エルプリメロとは、1969年にZENITH(ゼニス)が開発した“世界最 ...

チューダー ファストライダー ドゥカテイ

ROLEXとTUDORの関係性とは?違いと特徴について

TUDOR(チューダー/チュードル)はロレックス創始者であるハンス・ウ ...

なぜ高級腕時計には“スイス製”が多いのか

世界の時計産業で圧倒的なシェア率を誇る国スイス。産業が盛んというだけで ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。