腕時計の時間調整ができなくなるときがある

CATEGORY:

針の調整ができない時は


腕時計の時間調整ができなくなり、困っている人もいるのではないでしょうか。
時間調整ができなくなるのは、リューズが重くて動かないといった症状が発生しているからです。この症状はリューズそのものがトラブルを起こしているのか、腕時計の内部の歯車に異常が起きているのかのどちらかです。
機械式腕時計は経年劣化によりリューズが錆び、ゴミや埃がパーツに絡んで動きを阻害することがあり、スムーズに動くことができないと負荷がかかって消耗や破損につながる可能性も高いです。また、地面に落として強い衝撃が加わり内部が壊れていることも考えられます。
このような原因で正常に動かなくなり、正しい時刻がわからないと腕時計として機能しないため、処分してしまうこともあるでしょう。しかし、オーバーホールをすることで直る可能性があります。
壊れたからといって諦めるのではなく、修理を依頼してみてください。

どのように直すのか


リューズに問題がある場合は、早急にリューズの修理をしなければなりません。
内部にゴミが絡んでいるのが原因であれば、オーバーホールを行って綺麗にします。
オーバーホールは、一度全ての部品を分解して、一つ一つを洗浄して新しくオイルを入れ直します。この作業により、こびりついていた汚れが綺麗に落ちて正常な状態に戻るのです。針を動かすパーツの消耗や破損が原因であれば、異常のある部分を交換します。
何年もオーバーホールをしていない腕時計はパーツが消耗したり壊れたりしていることが多いです。

いつまでも使い続けるために、定期的にメンテナンスをしてください。
落下などで強い衝撃を加えてしまった時も、内部の部品がズレ、破損することで時間調整に影響を与えている可能性が高く、精密機械であるため少しの衝撃でも異常が出ます。
歯車が噛み合っていない、部品が抜け落ちているなど、様々な原因が考えられるため全てを分解して、どこに問題が起きているのかを探して対処しなければなりません。

同じカテゴリの記事

オメガ スピードマスター

腕時計が“磁気帯び”するのは故障?原因や対応策について解説

スマートフォンやPC、電子レンジやテレビなどの家電製品、マグネット付き ...

防水機能がある腕時計でも浸水で故障してしまう?原因と修理方法

腕時計には、防水性と非防水性があります。防水機能のある腕時計には、文字 ...

文字盤

時計の修理やオーバーホールが必要なときに役立つ腕時計の各部名称

いつも愛用している腕時計の調子が悪い。しかし、どの部分がどのように不調 ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。