腕時計のオーバーホールの適切な頻度

CATEGORY:

オーバーホールは高い?

腕時計を長く、良い状態で維持し、寿命を伸ばすためには、定期的なオーバーホールが欠かせません。
しかし、その際にかかる費用は、時計の状態によってまちまちです。

弊社にも、メンテナンスにあまりお金をかけたくない方、頻繁にオーバーホールをして常に良い状態で腕時計を使っていたい方など様々なお客様がいらっしゃいます。
もちろんオーバーホールにかかる料金は修理業者によって異なり、高級ブランドの腕時計であれば数万円ということになりますが、正しい使い方を守り、適切な頻度でオーバーホールをすることで、この費用は最小限に抑えることができます。

メンテナンス時期を決める基準

では、どれくらいの頻度でのオーバーホールが腕時計にとって適切なのでしょうか。

一般的なオーバーホールの頻度は、3年から4年に1度です。
使用頻度が低い場合、複数の高級時計をお持ちの場合は、個々の時計についてご使用頻度が下がるのでもっと間隔をあけても大丈夫です。
また、時計を休ませるのも内部部品の摩耗の防止に効果的ですが、すでにある程度使用した後だと、サビが徐々に進行してしまいますので、やはりなるべく早めのオーバーホールをおすすめします。
また、ご使用習慣、使用頻度により時計の状態は大きく異なります。

つまり時計のメンテナンス頻度は一概には決められないということです。

カナルクラブではオーナーの方に、
・時計に休息を与えることと
・ゴムパッキンの劣化を意識すること
・汗による外装部品の劣化について
をよくお話します。

細かいことは、カナルクラブに実際にご依頼いただいたお客様には、口頭、または動画を含むメールなどでお伝えしていますが、ここでは、一つの目安として3年から4年、少なくとも5年まで、というメンテナンス期間をおすすめしておきます。

同じカテゴリの記事

ゼニス エルプリメロ クロノマスター オープン

世界最高峰と称されるゼニス エルプリメロとは?

エルプリメロとは、1969年にZENITH(ゼニス)が開発した“世界最 ...

チューダー ファストライダー ドゥカテイ

ROLEXとTUDORの関係性とは?違いと特徴について

TUDOR(チューダー/チュードル)はロレックス創始者であるハンス・ウ ...

なぜ高級腕時計には“スイス製”が多いのか

世界の時計産業で圧倒的なシェア率を誇る国スイス。産業が盛んというだけで ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。