腕時計のオーバーホールと、スモールジョブ(部分修理)とは

CATEGORY:

同時に行うのがベスト

腕時計は定期的にメンテナンスをしなければ精度が悪くなり、最悪の場合は機能しなくなります。
他でも何度も書いているのでもうご存知かもしれませんが、高級時計はリューズやボタンが破損すると修理費用はぐっと高額になってしまいます。
部品に注してある油の劣化や、リューズ・裏ブタの内側に装着してあるゴムパッキンの劣化が起こることが多い3年から4年が最高のメンテナンスタイミングと言えるでしょう。
このタイミングでメンテナンス(=オーバーホール)を行えば、歯車などの内装部品だけでなく、リューズ・ボタンなどの外装部品の破損を防ぎ、交換が必要になるまでの期間を圧倒的に延長することができます。

腕時計は精密機械であるため小さいパーツが一つでも汚れたり、油がなくなったりして動きにくくなると、他の部分にまで影響を与えてしまいます。
メンテナンスでは、壊れている部品があれば新しいものに変えますが、問題なければ潤滑油をさしてそのまま同じ部品を使うことになります。
定期的に行っていれば、一生使えるとも言われているほど大切な作業です。
最近では永久に存在させるというテーマも現れ始めています。

スモールジョブ(部分修理)だけでイイ?

一方、ガラスが割れた、リューズのネジ山が壊れたというような場合、できればその部分だけの修理を希望されるでしょう。
しかし、時計は精密機械である以上、時計ケースを開けると内部の状況が変わってしまうことがあります。
カナルクラブでは初回のご依頼の時計の場合、オーバーホール込みでガラス交換やリューズ交換をさせていただいておりますが、オーバーホールを一度ご依頼いただいた時計については期間無制限で部分修理をお受けしております。
もちろん、ご依頼時の時計の状態に合わせアドバイスはさせていただきますが、それでもオーナー様が部分修理をご希望なされば可能な限り対応させていただいております。

同じカテゴリの記事

ゼニス エルプリメロ クロノマスター オープン

世界最高峰と称されるゼニス エルプリメロとは?

エルプリメロとは、1969年にZENITH(ゼニス)が開発した“世界最 ...

チューダー ファストライダー ドゥカテイ

ROLEXとTUDORの関係性とは?違いと特徴について

TUDOR(チューダー/チュードル)はロレックス創始者であるハンス・ウ ...

なぜ高級腕時計には“スイス製”が多いのか

世界の時計産業で圧倒的なシェア率を誇る国スイス。産業が盛んというだけで ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。