腕時計オーバーホールの現在と未来

CATEGORY:

新しい時計と古い時計

腕時計には様々なブランドがあり、高級ブランドになると当然高額です。しかし、どんなに高額な腕時計でもメンテナンスをしなければ、不具合が起きて壊れてしまいます。「時計の価格」と「寿命の長さ・耐久性」には関係がないということを知っておきましょう。どんな腕時計も精密機械には変わりないため、壊れる前にオーバーホールをして寿命を延ばしていくことが大切です。

オーバーホールの料金は、ブランドごとに違います。また、ムーブメントの違い(オートマチック・クォーツ・クロノグラフ)によっても料金は異なります。ブランドだけでなく、ムーブメントや機能・製造の年代によってもオーバーホールの内容が変わってきます。オーバーホールの料金の仕組みを知った上で、メンテナンスを依頼しましょう。

将来、パーツを一から作って修理することが可能になる?

発売したての腕時計と古いモデルには、時計修理会社の対応の仕方にも違いがあります。特にモデルの種類が多いブランドは、その分製造、保有しなければならないパーツの種類が増えるため、コストがかかります。全てのパーツを永久に製造したり保有し続けることはできないため、ある程度のメンテナンス対応期限を設けています。

オーバーホールには、不具合の起きた部品を新しいものに変える作業も含みます。その際に、必要な部品が製造終了であったり、保有期間が切れていると、修理ができないのではないかとお思いになるかもしれません。

確かに、メーカーに修理を依頼すると断られるケースがあります。しかし、技術力の高い技術者は、全ての部品ではありませんが、一から部品を作ることができるため、保証期限が過ぎているモデルも修理できる場合があります。

しかし、その前の段階で、丸ごと1個の部品を作るのではなく、元々ある部品を修正して使用できるケースもあります。可能であれば、この”修正”の方が現実的です。修正の場合は、あくまでも純正部品であり、金額的にも安くできます。

実際、純正部品が入手できなくても、部品修正だけで使用可能となることはかなり多いです。全ての修理会社が部品の修正、作成ができるというわけではないため、一度相談してみてください。

ここまで書かせていただいたことは、現時点の時計修理についてですが、現在、さらに将来的にみても高級時計の価値が社会的に高いことを考えると、時計修理会社にとって「今までの何倍もの時間、時計を存在させること」が課題となってくると思われます。

同じカテゴリの記事

腕時計の寿命を長持ちさせる日常のセルフケア

精密機械である機械式腕時計は、高品質ゆえに一生使えるものです。しかし、 ...

腕時計を自分でオーバーホールできるのか

繊細な部品を扱う作業のため、高いレベルの技術や時間を要するオーバーホー ...

機械式腕時計を落下させてしまったときの対処法

機械式腕時計は物理的な衝撃が苦手です。強い衝撃が加わると、時計内部の部 ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。