機械式腕時計を落下させてしまったときの対処法

CATEGORY:

機械式腕時計は物理的な衝撃が苦手です。強い衝撃が加わると、時計内部の部品が破損する場合があります。機械式時計には以前よりも落下や衝撃に強いモデルが増えていますが、衝撃による破損や故障の可能性はあります。予期せぬ落下や強い衝撃によって、お使いの腕時計に突然異常が生じてしまったら、とても焦ってしまいますよね。機械式腕時計のトラブルには、オーナー様がご自身で解決できる場合と、修理業者に依頼しなければならない場合があります。今回は、ご自身でできる動作確認方法をお伝えしていきます。

 

機械式腕時計を落とした後のセルフチェック

ロレックス 腕時計
まずは耳の近くで軽く振り、腕時計内部で異音がしないか確認します。このとき、強く振りすぎないようにしてください。衝撃で部品が破損したり、噛み合わせが合わなかったりすると、異音が発生します。

次に、精度の確認です。電波時計やスマートフォンなどの時刻と見比べて、1週間にかけて計測を行います。20秒程度の誤差は正常範囲内ですが、1日1分以上のズレや日付の誤差があれば、早めに修理依頼をしましょう。時刻を見比べる際には、磁気による時計の進みや遅れを防ぐため、磁気を発する機器(パソコン、テレビ、携帯電話など)とは近づけないようにご注意ください。

もちろん、カナルクラブにおいても修理受付が可能です。これからも大切な腕時計と長くお付き合いいただけるよう、次のオーバーホールまでのケアやダメージを与えない使用方法をお伝えします。

同じカテゴリの記事

ロレックス オメガ

高級腕時計は、なぜ”高級”なのか

一般的に”高級”を謳うものとして、あなたは何を ...

ロレックスの時計

並行輸入品をオーバーホールする際に注意したい”並行差別”とは

並行輸入品は、外国で合法的に製造・販売されている商品を買い付け、国内の ...

ブライトリング BREITLING クロノマット 44 CB0110/C011B68VR

腕時計のポリッシュは何回まで可能か

ポリッシュは「研磨」や「新品仕上げ」とも呼ばれるメンテナンスの一種で、 ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。