機械式時計の正しい保管方法

CATEGORY:

機械式腕時計は、非常に繊細な精密機械です。腕時計にとって好ましくない環境下での保管は、時計に影響を与えてしまい、不具合を招く可能性があります。大切な腕時計を守るためにも、どのような環境で保管するのが適切であり、不適切なのかを今一度確認していきましょう。

ロレックスの画像

高温多湿を避ける

気温の変化が激しい場所では、時計内部の金属が膨張や縮小してしまい、部品同士に摩擦を引き起こす場合があります。適正気温とされている、5〜35度の範囲内で管理での管理が望ましいです。
また、湿度が高い場所で腕時計を保管すると、部品が錆びる原因となり、時計が正常に動かなくなる可能性があります。温度とともに、湿度も高すぎない場所での保管が必要です。
乾燥剤は湿度を下げますが、腕時計内部の潤滑油も乾燥させてしまう場合があるため、腕時計の保管場所での使用は控えてください。

強い磁気を避ける

多くの機械式時計は、磁気によってムーブメントが乱れてしまうため、磁気を発するものから遠ざけて管理しましょう。磁気を発するものとして挙げられるのは、スマートフォン、テレビ、パソコン、電子レンジなどです。

ワインディングマシーンの画像

ワインディングマシーンでの保管は短時間に限定

機械式腕時計を長期間放置してしまうと、潤滑油が固まったり、紫外線やほこりによってダメージを受ける可能性があります。そこで思いつくのが、ワインディングマシーンでの保管でしょう。確かに、ワインディングマシーンは外部からの影響によるダメージを防げるほか、モーターによって時計が回転し続け、ゼンマイを巻き上げてくれる優れもの。しかしワインディングマシーンは、腕時計の苦手とする磁気を発します。また、腕時計内部のオイルが劣化したままワインディングマシーンでの保管を続けると、無駄に部品を摩耗させてしまう可能性も。すでにワインディングマシーンをお持ちの方は、短時間での使用に限定するようにし、できればあまり使わないことをおすすめします。腕時計を保管する際は、高い位置に置かないように。地震や衝突によって落下する危険があり、腕時計が破損、故障する原因となります。手が届きやすく、安定した位置での保管が好ましいです。

メンテナンスのご依頼はカナルクラブへ

オメガの画像

機械式腕時計の保管方法についてご確認いただけたでしょうか。少し意識するだけで、腕時計の寿命を延ばすことに繋がります。大切なパートナーでもある腕時計を長くお使いいただけるように、保管方法にも意識していただければと思います。
腕時計内部の油不足や部品の劣化があると、歯車の動きが悪化します。この状態でワインディングマシーンを使用してしまうと、気づかないうちに他の部品にも影響を及ぼす可能性があるため、定期的なメンテナンスを推奨しております。
機械式腕時計の定期メンテナンス、オーバーホールは年間7000件の修理実績を誇る高度な技術力と適正価格のカナルクラブにお任せください。

同じカテゴリの記事

オメガ スピードマスター

腕時計が“磁気帯び”するのは故障?原因や対応策について解説

スマートフォンやPC、電子レンジやテレビなどの家電製品、マグネット付き ...

防水機能がある腕時計でも浸水で故障してしまう?原因と修理方法

腕時計には、防水性と非防水性があります。防水機能のある腕時計には、文字 ...

文字盤

時計の修理やオーバーホールが必要なときに役立つ腕時計の各部名称

いつも愛用している腕時計の調子が悪い。しかし、どの部分がどのように不調 ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。