時計の修理やオーバーホールが必要なときに役立つ腕時計の各部名称

CATEGORY:

いつも愛用している腕時計の調子が悪い。しかし、どの部分がどのように不調なのかを時計修理店へ伝えたいときに、パーツの名称がわからない……。

今回はそんな方々へ向けて、時計修理店へオーバーホールや修理を依頼する際に役立つ、よく使われる“腕時計の各部名称”をご紹介いたします。

腕時計の各部名称

①風防(ガラス)

文字盤を覆っているプラスチック製やガラス製の透明カバー。チリ、ホコリ、衝撃などから守る役割。

②文字盤(ダイヤル)

時間を表示する目盛りと数字が記されている部分で、別称はフェイス。さまざまな色や素材が使用されます。

③針

時針・分針・秒針など、時間の経過を示すための針。秒針がないものもあります。

④ベゼル

風防を囲み、防水性を高めるパーツ。固定式や回転式などがあり、目盛りが刻まれているタイプもあります。

⑤ベルト

腕に装着するための部位。主に革製やゴム製をベルトといい、金属製はブレスレットとも呼ばれます。

⑥インデックス

針が指し示す目盛りや数字部分の総称。時字(ときじ)やアワーマーカーとも呼ばれています。

⑦カレンダー

日付を表示する部分。曜日表示がある場合はデイデイト、月表示がある場合はトリプルカレンダーとも呼ばれます。

⑧リューズ

時計の側面にある突起部分で、ゼンマイを巻き上げたり、時刻や日付を合わせる役割。クラウンとも呼ばれます。

⑨ケース

文字盤や駆動部分(ムーブメント)を収めている部品。さまざまな衝撃から腕時計の本体を守る役割。

⑩エンドピース(フラッシュフィット)  

ケースとベルト部分をつなぎ合わせるためのパーツ。一般的にはケースと同じ素材が使われています。

以上が、よく使われる腕時計パーツの名称となります。腕時計の修理やオーバーホールを依頼する際にお役立てください。

信頼できる定期オーバーホールはカナルクラブへお任せください

文字盤

腕時計を毎日愛用していると、不調を感じる場面があるかと思います。不調を放置してしまうと、時計の寿命を縮めてしまう原因に繋がりやすいです。”いつもと違う気がする……。”と感じましたら、信頼できる時計修理店へできるだけお早めにご相談ください。

カナルクラブは、御徒町で50年以上続く、高級腕時計専門の修理工房です。経験豊富で腕のいい技術者が、責任を持ってお客様の時計をオーバーホールいたします。機械式腕時計の定期メンテナンスやオーバーホールは、年間7000件の修理実績を誇るカナルクラブにお任せください。高度な技術を、適正価格でご提供いたします。

同じカテゴリの記事

オメガ スピードマスター

腕時計が“磁気帯び”するのは故障?原因や対応策について解説

スマートフォンやPC、電子レンジやテレビなどの家電製品、マグネット付き ...

防水機能がある腕時計でも浸水で故障してしまう?原因と修理方法

腕時計には、防水性と非防水性があります。防水機能のある腕時計には、文字 ...

文字盤

時計の修理やオーバーホールが必要なときに役立つ腕時計の各部名称

いつも愛用している腕時計の調子が悪い。しかし、どの部分がどのように不調 ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。