ロレックスの腕時計をオーバーホールする頻度について

CATEGORY:

ロレックスのオーバーホールはどれくらいの頻度で依頼すべき?


高級時計は、できるだけ故障しないように普段から大切に扱っていただいていると思います。しかし、オーバーホールを定期的にしなければ、使えば使うほど劣化していってしまいます。

使用頻度が低かったとしても、ゴムパッキンの劣化が進み、中に水分が入るとサビが進行してしまいます。不具合に気がつかず放置をしていると、状態がひどくなり完全に故障してしまいます。

またリューズの内側に一定以上の汗の脂分が付いてしまうと、その後の放置時間に比例して腐食が進みます。部品の金額を考えると、リューズ交換だけはぜひとも避けたいところです。

ゴムパッキンやリューズなどの部品は定期的にオーバーホールすることによって、長持ちさせることができます。ポイントは壊れる前ではなく、“ダメージが大きくなる前”にオーバーホールすることです。

高級モデルになるとメンテナンス費も高額になるため、壊れてから依頼しようと考えている方も少なくありません。しかし、不具合がなくても、長く腕時計を使用するために定期的にオーバーホールを依頼することが重要です。オーバーホールの目安の頻度を知り、是非ご依頼ください。

使用頻度や環境で異なるオーバーホールの頻度

ロレックスの腕時計ををオーバーホールに出す頻度は、使用頻度や身につける環境によって異なります。平日、毎日身につけているような場合は「3~4年に1度」を目安にしてください。よく使う腕時計は内部のパーツが劣化しやすく、摩耗も早く進みます。

トラブルを未然に防ぐためには、不具合が起きていなくても「3~4年に1度」は依頼することをお勧めします。普段はあまり使用しないものは「5年に1度」の頻度でも問題ないでしょう。

また、何十年も経っているアンティークものは必要なパーツが製造終了していることもあり、正規メーカーでは受け付けられないことがあります。この場合は、パーツの修正や作成ができるメーカー以外の業者に依頼してください。

このように、ロレックスをメンテナンス(=オーバーホール)する目安は使用頻度や環境により異なります。ロレックス以外の他のブランドでも同じです。決めた周期を迎えていなくても不具合が起きたら、すぐに修理に出すことも大切です。大切な腕時計をいつまでも使い続けるために、しっかりと定期的にオーバーホールを行いましょう。

同じカテゴリの記事

ゼニス エルプリメロ クロノマスター オープン

世界最高峰と称されるゼニス エルプリメロとは?

エルプリメロとは、1969年にZENITH(ゼニス)が開発した“世界最 ...

チューダー ファストライダー ドゥカテイ

ROLEXとTUDORの関係性とは?違いと特徴について

TUDOR(チューダー/チュードル)はロレックス創始者であるハンス・ウ ...

なぜ高級腕時計には“スイス製”が多いのか

世界の時計産業で圧倒的なシェア率を誇る国スイス。産業が盛んというだけで ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。