ロレックスの腕時計のオーバーホール時期の目安は

CATEGORY:

目安は3〜5年に一度


ロレックスは世界的に有名な高級腕時計ブランドであり、憧れの存在です。実際にロレックスの腕時計を愛用している方も多いでしょう。高額なモデルが多いため、高いほど耐久性もいいと思われがちですが、長く使い続けるためにはオーバーホールというメンテナンスが必要です。

腕時計は精密機械でなので、どんなに値段が高くてもメンテナンスを怠ると劣化してしまいます。状態が悪くなるほど修理費が高くなってしまうので(部品交換が多くなるからです)、定期的に依頼することが大切です。

ロレックスのオーバーホールの目安を知り、故障する前に依頼することをお薦めします。モデルや使用頻度によって異なりますが、目安は3年〜5年に一度だとされています。購入してから初めの3、4年は部品交換をしなくても済む場合が多いですが、パーツが劣化しないように洗浄して新しく注油をし直し、ゴムパッキンを交換することが重要です。

5年以上経過すると破損している場合も


5年以上経過すると、オイル切れが発生しパーツ同士が擦れ合い、破損していることがあります。その場合は、新しい部品と交換することで新品同様の状態に戻すことが可能です。

しかし、購入してから何十年も経過している腕時計は、パーツの製造が終了しているケースが多いです。保証期間も過ぎているため、正規メーカーでも受け付けてもらえないでしょう。

時計修理店によっては、製造が終了しているパーツもいちから作ることができる場合もあり、アンティークな腕時計でも対応してもらえます。また、正規メーカーよりも料金が安く設定されているといったメリットもあります。

問題点は、腕のある技術者を探さなければならないという点です。誰でもできる作業ではないため、実績や知識、技術のある職人に依頼する必要があるのです。一般的な修理店ではベルトの交換など簡単な作業はできても、オーバーホールは対応していないことがあるため確認が必要です。

3年〜5年に一度のオーバーホールが目安になりますが、少しでもおかしな点があれば、いつでもカナルクラブまでご相談下さい。

同じカテゴリの記事

タグホイヤーのオーバーホールの頻度は?費用と納期も紹介

タグホイヤーは、自社製ムーブメントを開発し、精巧な作りで多機能な腕時計 ...

10年間放置した腕時計に潜むリスクと定期メンテナンスの重要性

機械式腕時計は、精巧な機械部品で構成されており、定期的なメンテナンスが ...

時計を眺める女性のイメージ

多彩な魅力を放つ変幻自在のロレックス カメレオン

ロレックス カメレオンは、装いに合わせてベルトを簡単に交換できるユニー ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。