デジタル全盛の今でもアンティーク腕時計の人気が衰えない理由

CATEGORY:

  • スマホで時間を確認するので時計は不要
  • スマートウォッチを愛用している

近年では上記のように”デジタル全盛を象徴する意見”が目立つなか、あえて機械式アンティーク時計を選ぶ流行とともに、機械式時計の愛好家たちも多く存在するようになりました。

このような現状から、時計には“時間を確認するアイテム”という実用的な要素だけでなく、何らかの“付加価値”があるのではないかと気付かされます。

果たして、何が付加価値となり、なぜ機械式アンティーク時計の人気が続いているのでしょうか。

良いものが評価される時代へ

過去に大量生産・大量消費・大量破棄の“安かろう悪かろう”な社会を経験し、ここ十数年の間で「物を大切しよう」という意識づけが日常化してきています。そして、「良い製品を長く使う」という考え方が多くの人々に浸透し、“資産価値の高い一生もの”に注目が集まるようになりました。

機械式時計は、電池やソーラーなどの電力を使用せずゼンマイを動力としているため、メンテナンス次第では半永久的に愛用することが可能です。特に高級メーカーのアンティーク時計は、細かく設計されたつくりで機械精度が高いものも多く、希少であるほどに資産価値も高まります。

アクセサリー感覚で身につける

アンティーク特有の“レトロなデザイン“であることを理由に、腕時計をアクセサリー感覚で身につけたいというファンが多くいます。特に1960年代以前につくられた機械式時計はデザイン性が豊かで、今では手に入りづらく希少価値が相まっている点も、人気が衰えない理由のひとつと言えます。

またアンティーク時計の場合、多くの人々が憧れを抱くロレックスやオメガのような高級メーカーにも、コスト面で手が届きやすいというメリットがあります。例えば、オメガ・シーマスターはアンティーク市場でも人気が高く、愛好家たちにとって掘り出し物を運よく探し出せたときは喜びも一入です。

アンティーク時計のオーバーホールはカナルクラブにご相談ください

アンティーク時計を長く愛用するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。ヴィンテージウォッチ・ユーズドウォッチの修理は、オーバーホールを熟知した専門的な技術者が在籍するカナルクラブへぜひご相談ください。

カナルクラブは、御徒町で50年以上続く、高級腕時計専門の修理工房です。経験豊富で腕のいい技術者が、責任を持ってお客様の時計をオーバーホールいたします。機械式腕時計の定期メンテナンスやオーバーホールは、年間7000件の修理実績を誇るカナルクラブにお任せください。高度な技術を、適正価格でご提供いたします。

同じカテゴリの記事

ゼニス エルプリメロ クロノマスター オープン

世界最高峰と称されるゼニス エルプリメロとは?

エルプリメロとは、1969年にZENITH(ゼニス)が開発した“世界最 ...

チューダー ファストライダー ドゥカテイ

ROLEXとTUDORの関係性とは?違いと特徴について

TUDOR(チューダー/チュードル)はロレックス創始者であるハンス・ウ ...

なぜ高級腕時計には“スイス製”が多いのか

世界の時計産業で圧倒的なシェア率を誇る国スイス。産業が盛んというだけで ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。