オメガの腕時計をオーバーホールするときの注意点とは

CATEGORY:

オメガの腕時計をオーバーホールするときの注意点とは

高級腕時計でも劣化する


高級腕時計ブランドの一つであるオメガは、価格も高いためできるだけ長く愛用したいものでしょう。何百万円とする高級な腕時計でも、メンテナンスをしなければ劣化し故障します。しっかりとメンテナンスをしていれば一生使い続け、その後親族に受け継ぎ続けることもできます。大切な腕時計が傷まないようにするには、当然オーバーホールが必要となります。

オーバーホールは具体的にどんな作業をしているかご紹介します。まずは、腕時計を分解して洗浄します。その後、注油して歯車などの部品の摩耗を防ぎ、パッキン交換などによって部品がサビることを防ぎます。ステンレス製の外装部品を洗浄し、腐食を防ぎます。不具合が起きる前に、このような作業を行うことで、常に“部品に優しい環境”を維持することができます。

定期的に信頼できる業者にお願いしよう


オメガをオーバーホールしてもらうときの注意点の一つは、「定期的に依頼すること」です。オメガのような高級な腕時計は、オーバーホールにかかる費用も高額になる傾向があります。その為、不具合が起き始めたり、完全に壊れたりしてから修理に出そうと考える方も少なくありません。しかし、部品の破損が多いと(特に高額部品が破損していると)オーバーホール料金は高額になってしまいます。後から修理代が高額になってしまうのを防ぐためには、頻度を決めてオーバーホールを依頼することが大切です。使用頻度にもよりますが、“3~4年”を目安にするといいでしょう。

二つ目の注意点は、「依頼先の選定」です。オメガのオーバーホールは、正規メーカー、民間の修理店、家電量販店などで行うことができますが、腕のある職人に依頼する必要があります。

正規メーカーは、安心感がありますが、年数が経っているモデルはパーツの製造が終了し、メンテナンスを受け付けてもらえないこともあるためお気をつけください。また、正規メーカーは料金も割高で時間がかかります。民間業者は、メーカーと比較すると安い価格を設定していることが多いです。また、パーツが製造終了している場合でも一から作ることもできます。しかし、全ての職人が行える作業ではないため、経験が豊富な職人を探す必要があります。家電量販店は、手軽に利用しやすいですが技術面で不安を感じるといったデメリットがあるため、慎重に判断しましょう。

このようにそれぞれ注意点があります。大切な腕時計は、信頼できる業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリの記事

ロレックス オメガ

高級腕時計は、なぜ”高級”なのか

一般的に”高級”を謳うものとして、あなたは何を ...

ロレックスの時計

並行輸入品をオーバーホールする際に注意したい”並行差別”とは

並行輸入品は、外国で合法的に製造・販売されている商品を買い付け、国内の ...

ブライトリング BREITLING クロノマット 44 CB0110/C011B68VR

腕時計のポリッシュは何回まで可能か

ポリッシュは「研磨」や「新品仕上げ」とも呼ばれるメンテナンスの一種で、 ...

SEARCH

MESSAGE

こちらのコラムでは主に初めてオーバーホールする方に向けてぜひ知っておいていただきたいことを書いています。

カナルクラブではオーバーホールの大切さを知っていただき、大切な腕時計の価値を長持ちさせていただきたいと思っております。

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。